関西子どもとおでかけ遊び場情報 ~史跡 生野銀山~
史跡生野銀山・兵庫県朝来市にある日本初の明治政府直轄鉱山で、昭和48年に閉山した「生野銀山」の紹介です。

HOME雨でも遊べるスポットindex
史跡 生野銀山
施設所在地  兵庫県朝来市生野町小野33-5  TEL:079-679-2010  MAP
駐車場  有・無料
オフィシャルサイト  生野銀山
オススメポイント  ★★★★★
料金
大人 中高生 小学生
900円 600円 400円
JAF会員特典有
コメント 

開鉱西暦804年と伝えられ閉山する1978年まで、1200年余りの長い歴史を持つ生野銀山。
織田・豊臣・徳川の各時代を経て、明治元年には政府の直轄鉱山となり、銀を中心に採掘。
歴代の政権の財政基盤を荷ないました。
開山中に掘り進んだ坑道の総延長はなんと350km以上、深さは880mにまで達しており、採掘された鉱石の種類も70種類以上あるそうです。

観光坑道は全長約1km、年間を通じて13度なので、夏は涼しく、真冬には逆に少し暖かく感じるくらいです。
坑道の中は、照明がたくさんつけられているので、想像していたほど暗くはありませんでした。
近代採掘ゾーンでは、機械やダイナマイトを使った採掘方法、江戸時代採掘ゾーンでは、人の手だけで掘り進める様子が再現されており、本当に大変な作業だったんだな、ということがよくわかります。
見て回るのは約40分と言われていたのですが、入ったのが12時、出たのが12時40分と、ほんとにピッタリでした。

見終わった後は、お土産館の2階にあるレストラン「マロニエ」で昼食を。
こちらは、「鉱山社宅で生まれた懐かしい味のハヤシライス」が有名らしいので、食べてみたのですが、お肉がとってもやわらかくて、本当においしかったです。
そして、1階にはお土産品の販売と、「金・銀・錫」「天然石」のすくいどりができるコーナーがあります。
我が家の子どもたちも、「天然石のすくいどり」をやってみました。
こちらは15分、決められたエリアの砂の中を手探りで探すのですが、宝探しのような感じで、とっても楽しかったです。結局、息子は42個、娘は32個とれて大満足でした♪

参考までに、我が家の滞在時間はお昼ご飯(あっという間に食べ終えたので15分)を含め約2時間でした。
 訪問日:H24.11.18

 スポンサードリンク

生野銀山 姫路・福崎方面からは「生野ランプ」下車
豊岡・和田山方面からは「生野北第一ランプ」下車で約10分
「菊のご門柱」
明治9年(1876年)に生野製鉱所が完成した際、
その正門として設置されたもので、
昭和52年(1977年)にこの場所に移設されました。
生野銀山
生野銀山 =入場券= ※JAF割引有
大人 中高生 小学生
900円 600円 400円
入り口前にある「記念撮影スポット」 生野銀山
生野銀山 「代官所門」
入ってすぐにある池に「観音岩」と書いた看板がありました。
矢印のさす方向を見てみると、、
 
生野銀山
生野銀山 観音様かどうかは微妙ですが、
確かに「人の横顔」に見える岩がありました。
長い年月をかけて自然にできたもので、
毎年7月には安全祈願をされているそうです。
「不動滝」
かなり高い位置から流れ落ちています。
生野銀山
生野銀山 観光坑道入口
観光坑道は約1km、坑内温度は年間通じて約13度だそうです。
11月中旬に行った時は、まだ外より寒く感じましたが、
もっと寒い時期になれば、逆に外より暖かく感じると思います。
生野銀山
生野銀山 坑内はこんな感じです。
電気が各所につけられているので、
思っていたほど暗くは有りませんでした。
狭い坑道や行き止まりの坑道では、空気の流れが悪いので、
人工的に風邪を送り込んでいたそうです。
生野銀山
生野銀山 「堀大工」
ノミ一本で鉱脈を探り当てて堀り進む「堀大工」
一歩間違えば、石が崩れてくるわけですから、
命がけの仕事ですね。
「生野銀山熟成庫」
生野銀山坑内熟成酒「岳」は売店で販売されています。
生野銀山
生野銀山 こちらは「生野銀山ワイン熟成庫」
昭和48年の閉山まで使用された機械も展示されています。 生野銀山
生野銀山 「手堀り」で銀を掘り出した跡。
坑内には「狸堀」という細長い穴がたくさんあります。
この穴を這いながら堀り進んだということですが、
人が一人通れるくらいの狭さなので、
かなり作業しづらかったと思います。
生野銀山
生野銀山 「坑道爆破体験装置」
ボタンを押すと、ダイナマイトが爆破する音が鳴ります。
結構大きな音なので、ちょっとビックリするかもしれません。
 「太閤水」
その昔、羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)がこの地に入った際、
この水を飲みあまりのおいしさに感激して、「お茶」をたてた、
と言う由来があるそうです。

生野銀山 
生野銀山 出口です。
所用時間は、受付で言われた通り、
約40分でした。
「鉱山資料館」 生野銀山
生野銀山 「吹屋(=製錬所)資料館」
レストラン・お土産処 生野銀山
生野銀山 特産品・生野銀山オリジナルコーナー
レストラン「マロニエ」は2階にあります。
生野銀山・生野ハヤシライス
生野銀山・生野ハヤシライス 店内
こちらは名物の「生野ハヤシライス
お味はもちろんのこと、お肉がとっても柔らかくて、
本当においしかったです。
生野銀山・生野ハヤシライス
生野銀山・生野ハヤシライス ハヤシライスのルーがたっぷりかかった
「ハヤシパスタ」
こちらもとってもおいしかったです。
1階では「金銀錫のすくい採り・30分」
「天然石のすくい採り・15分」ができます。
各500円
生野銀山
生野銀山 我が家は天然石のすくい採りをやってみました。
決められた枠の中で石を探します。
まさに、宝探しですね。
生野銀山
生野銀山 次々に見つかるので、とっても楽しかったです。
アメジストやヘマタイト、メノウなど・・ 生野銀山
生野銀山 ケースいっぱいのキレイな天然石を見つけることが出来て
子どもたちも大満足。
隣の売店でも天然石が販売されていますが、
普通に買うより、楽しみがあって良かったです。
「生野銀山文化ミュージアム」
こちらは別料金(小学生以上100円)です。
生野銀山
生野銀山 「銀山食堂」
何を食べても安くて美味しい!らしいですよ♪
こちらでも名物のハヤシライスを食べることができます。
生野銀山
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに追加
  •  スポンサードリンク

    雨でも遊べるスポットindexへ

    Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.