関西子どもとおでかけ遊び場情報ー家族でお出かけ・レジャーに ーオススメキャンプ用品ー
関西子どもとおでかけ遊び場情報・アウトドア・家族でキャンプ!オススメ・キャンプ用品

HOME
 >キャンプ場編 index
我が家のキャンプ用品
購入履歴
今ではキャンプにすっかりハマってしまった我が家ですが、最初はとりあえず、楽天市場、amazon等で、購入者レビューを見てみたり、キャンプをしている周りの知人に聞いてみたり、お店の方に相談してみたりと、試行錯誤の上、揃えました。
そのうち、道具に懲りだし、買い替えの連続・・
キャンプにハマっている方にはある程度ご理解いただけるかと思いますが、「キャンプ用品の沼」は、、、底無しです(^^;

 ※グレーになっていないものが現在使用中です。

テント
タープ
ランタン
ライト
グリル・焚火台
ストーブ・コンロ
テーブル・チェア
IGT
スリーピング
マット
ブランケット
クッキング
クーラー・ジャグ
番外編
遊び道具・カメラ


テント
テント・楽天ランキング   テントの種類・選び方参考サイト
Coleman
BCワイドドームテント270
購入時期 2010.8
購入経緯
ポール4本で設営が可能、手順も簡単で初心者向けのテントであること、お値段的にも手頃なことからこのテントにしました。サイズは他にもあったのですが、大人2+子供2だと、270で十分でした。設営に必要なペグやハンマー(プラスチック製)も付属していますので、他に購入する必要はありません。
補足
確かに、初めてでも設営が簡単でした。
初回は9月でしたがタープ無し。このテントは写真のようにキャノピー(前室)があるので、それをタープ代わりにしましたが、日蔭のないサイトだったら日差しが厳しかったと思います。テント自体は天井部・側面下部をファスナーで開けてメッシュだけの状態にできるので暑いときにも便利です。今後も続けていくことを考えるとタープの必要性を感じ、その後すぐに、Colemanのスクリーンタープを購入。二度目以降はテントと連結させて使用していました。後、使用し始めて17回目にポールが折れてしまいました。
Coleman
ウェザーマスター
2ルームハウス
購入時期 2011.5
購入経緯
最初に購入したテントの使用が20回近くになり、少し痛みが出てきたこと、冬も対応しているテントが欲しかったこと、又、少し欲がでてきて、ワンランク上のテントがほしくなってきたこともあり、さんざん迷った結果、購入に至りました。
補足
生地もしっかりしていて、頑丈です。4シーズン対応とのことですが、スカートがついているので、冬場はしっかりペグダウンすれば、下から風がビュービュー吹き込むこともなく快適だと思われますが、夏前くらいには中が蒸し暑く感じるほどだったので、夏場にはちょっと使う気にはなれませんでした。ただ、デザインはカッコよく、キャンプ場でもあまり見かける機会が少ないテントだと思います。
snowpeak
ランドブリーズHD5
購入時期 2011.6
購入経緯
オープン型のスノーピークHDタープシールドレクタLと一緒に購入しました。スペース的にも、そのタープと上記の大きな2ルームハウスを一緒に使うというわけにもいかないので、このタープを使う春~初秋用のテント、ということで、このテントを購入しました。
補足
実際に設営展示されているお店で、通気性やテント自体の質の高さを実感して購入しました。
テント部は薄い綿生地なので、通気性も非常によく、夏場も快適。
4シーズン対応なので、その後、リビングシェルを購入したことで、秋冬春→リビシェル+ランドブリーズHD5、夏→レクタタープ+ランドブリーズHD5という組み合わせになりました。使用し始めて9回目にポールが故障してしまったので、メーカーに修理に出しました。今後もこういったことが無いとは言い切れないので、リペアパイプは必ず持って行くようにしています。
snowpeak
ランドブリーズ
リビングシェルシールド
購入時期 2011.8
購入経緯 秋冬シーズンに向けて、既に購入しているテント、ランドブリーズHD5にあうようなリビングスペースが欲しく、購入しました。
補足 このリビングシェルは、4方向に出入りができるので、かなり便利です。メッシュにできる箇所が多く通気性も良いと思います。又、裾のスカート部分も長めなので、冬場、きっちりペグダウンすれば、寒さ対策もバッチリです。専用のトンネルでテントとつなげたり、リビングシェルの中にインナーテントを入れてしまったり、など、色々なスタイルが楽しめます。使用し始めて9回目に天井部にあるフックの部分の縫製が取れてしまったため、修理してもらいました。
snowpeak
アメニティドームS
購入時期 2011.11
購入経緯 元々、一泊のキャンプで上記のテント2つ、リビングシェル+ランドフリーズHD5をトンネルで連結させるのは時間的にももったいないので、何か良い方法はないかと思っていたところ、コンパクトなこのテントが雪峰祭で安くなっていたので思い切って購入しました。
補足 このテントは大人2人+子供1人までが快適な空間のコンパクトなテントなので、我が家のように大人2+子供2で寝るのはかなり無理がありましたが、色々な条件付きでなんとか寝れました。→その後、何度かこのスタイルで続けていたのですが、子供を一人足元に寝かせることに抵抗を感じ始めていた頃、2012の新製品でちょうど良い大きさのテントが発売されたので、思い切って買い替えることにしました。
snowpeak
ランドブリーズPro.4
購入時期 2012.01
購入経緯 リビングシェルをお座敷スタイルにする際のインナーテント用として、上記アメニティドームSを購入したのですが、やはり大人2+子供2では色んな意味でかなり無理があり、代替えとしてちょうど良い大きさのテントが新しく発売されたこと、又、これまでに2度、メインで使っていたテントのポールが折れてしまい修理してもらったことがあり、不測の事態を考え、テントは2つはある方が良いかと思い、購入に至りました。
補足 テント自体は、大人2+子供2で寝るには十分なスペースです。ただ、やはりリビングシェルの中に入れて使用する場合は、半分と少しスペースが取られます。荷物を端に寄せるなどして、リビングスペースを確保していますが、以前に比べるとやはり少し窮屈に感じるのが正直なところです。インナーテントとして作られているわけではないので、その辺は仕方がありませんね。単品で使う分には何も問題ないと思います。
小川キャンパル ピルツ15 Ⅱ
購入時期 2012.10
購入経緯 以前からずっと欲しいと思っていたワンポールテント。設営がすごく楽な(らしい)のと、見た目、更にはキャンプ場でもなかなか見かけることが無いので人とかぶることがあまりないというのも魅力的でした。キャンプ用品専門店の「おおさかキャンパル」が移転、オープンセールで通常よりも更に安くなっていたので、思い切って購入しました。
補足
事前に聞いていた通り、設営がめちゃくちゃ楽です!八角形のそれぞれの角8本をペグダウンし、幕の中に入って中心に1本のポールを立てれば、それで形になります。後は、ロープ数本をペグダンすれば完成!
ポールを立てるのに少し力が要りますが、これなら一人で設営可能です。
天井部は開閉可能なので、例えば少し暑い時や、中でストーブを使用している時などでも、空気が上に抜けてくれ換気ができます。ただ、ピルツシリーズでも一番大きい「23」は天井部分がメッシュになっているのですが、それ以外はメッシュにはならず、虫が入ってくる可能性があるので要注意です。⇒後日、虫対策として天井メッシュを自作しました。
底の面積で考えると、リビングシェルのフロアマットハーフ(×2枚)を使用して両サイドに余裕があったので、リビングシェルよりは少し大きいと思います。我が家の場合(大人2人+子供2人)は、半分をリビング(※お座敷スタイル)、半分テント、という使い方でも十分でした。ちなみに、持っていた小さい方のテント「ランドブリーズPro4」を中で使おうと、設営を試みましたが、大きさも半分以上になった上に、センターのポールが邪魔になり、結果的に設営自体出来ませんでした。更に小さいテントがあれば別ですが、やはり、専用のハーフインナー(テント)、もしくはフルインナーはある方が良いかと思います。実際に使った感想などはキャンプ日記で紹介しています。詳細は▶▶▶こちら
小川キャンパル ピルツ15
ハーフインナー
購入時期 2012.10
購入経緯
ピルツ内のテントをランドブリーズPro.4で代用しようとしましたが、大きさ的に無理だったので、専用のハーフインナーを後日購入しました。
補足
ピルツにするなら、これは絶対オススメです。たぶん、小さなテントなら代用可能なものもあるかもしれませんが、設営の楽さ、空間、見た目、どれをとっても、専用インナーの方が良いと思います。
ピルツ自体も設営が楽なのですが、このインナーも、5か所の隅にテントのフックを引っかけ、最後にセンターポールのフックに引っかけるだけ。本当に簡単です。テント自体はいたってシンプル、「蚊帳」のようなもので、お値段もお手軽なのですが、肌触りも良く、ファスナー等はかなりしっかりしています。ファスナーを開けておくと、ピルツ内の空間も広く感じますし、雰囲気もとても良いです。又、幅が広いので、荷物を置くスペースも結構あります。ただ、難点は寝る時。テントの底面の形が、たとえて言うなら「平たい二等辺三角形」のような感じなので、幅が広いのですが、縦は短く、インフレータブルマット(183×53cm)を4枚並べて敷くのがカツカツです。大人が端の場所に寝ると、足がつかえてしまい、背の高い方だと窮屈に感じるかもしれません。
そのあたりを含め、実際張った様子や感じたことはキャンプ日記で紹介しています。詳細は▶▶▶こちら

 スポンサードリンク

タープ
タープ・楽天ランキング   タープの種類・選び方参考サイト
Coleman
アネックススクリーンタープ
購入時期 2010.9
購入経緯 初回はテントのみで行きましたが、二回目に行く予定のキャンプ場は殆ど日蔭が無いことや、今後のことを考えるとタープが必須だと思い、購入しました。BCワイドドームテントと連結可能なので、以降は毎回連結して使用。ツリーハウスなどではタープだけ使用しました。
補足 設営は簡単でした。タープがあると虫よけにもなりますし、リビング部分ができて快適でした。
タープにも種類が色々ありますが、今後もキャンプを続ける予定なら、タープはあった方が良いと思います。
snowpeak
HDタープシールドレクタL
購入時期 2011.6
購入経緯 以前からオープン型のタープが欲しいと思っており、暑いシーズンを前に、購入しました。このタープは単品で購入すると、ポールやペグがついていないので、HDタープシールドレクタ(L)Proセットを購入しました。
補足 これまでのタープ以上に、設営、撤収も非常に簡単で、とりあえずこのタープだけ建てて後はゆっくり設営とか、最後にこのタープだけを残して後はゆっくり、と言った具合に使えて便利です。高さもポールで調節できます。雨の日にはこのタープの中(下)にテントを張ると、テントは殆ど雨に濡れず、撤収作業ですら雨に濡れずできるので、かなり感動しました。ポールを抜いて長方形のタープを畳むだけなので撤収作業も驚くほど短時間、とても楽です。タープ本体の他に「ウィングポール280cm・アルミポール170cm」、「ソリッドステーク(ペグ)30cm・40cm」、「ペグハンマーPro.C」がセットになっていますので、このHDタープシールドレクタ(L)Proセットを買うとそのまま使えます。
TATONKA TARP 1TC
購入時期 2013.4
購入経緯 ピルツにあうタープを探していたところ、ポリコットンの素材がオシャレなドイツ製のタープを見つけ、購入しました。
補足 サイズ:425×445 素材:ポリエステル60% コットン35% 付属:ガイライン&自在×4 重さ:2.95kg 
 ※ペグ・ポールはついていません。
肌触りはもちろん、光に透けた感じ
(風合いというのでしょうか?)が、またなんとも言えず良い感じです。幕にはポールやロープを通せるハトメが16か所もあります。ポールの数を増減させたり、ロープの本数や長さを変えたりすることで、色々なバリエーションで張れるので、それも楽しみの一つです。付属のガイライン(4本)についている、「自在」はプラスチック製なのですが、初張りで、風が強く吹いた時に割れてしまいました。アルミの自在等を予備で持っておいた方が良いと思います。
後、ピルツ15の跳ね上げ部分に使用するポールを斜めに立てた高さと、5フィートのアジャスタブルポールをまっすぐ立てた高さがほぼ同じになるので、ピルツとタープをくっつける場合には、タープの端にある穴を利用(穴にピルツのポールを挿しこむ)して設営することができます。これをすると、ピンと張って良い感じでした。
実際張った様子キャンプ日記で紹介しています。詳細は▶▶▶こちら
tent-Marks DESIGNS
テンマクデザイン
Takibi-Tarp TC recta
購入時期 2015.5
購入経緯 2年使ったTATONKAタープはかなり気に入っていたのですが、イベントキャンプ中の不在時に、強風で破れてしまいました。その時は傷は大きくなかったので修復したのですが、その次のキャンプでも不在時に雨により、修復不可能なくらい破れてしまい、泣く泣く買い替えです。
補足 気に入っていたと言っても、まったく同じものを買うのもなんだかな~と言うことで、今回は同じような素材、大きさで別メーカーのものを購入。大きさはTATONKAに近い、420×480、重さは少し重めの4.6kg、しっかりした自在ロープ付です。タープのケースの横幅がかなり広いので、タープだけ入れると、ちょっと不恰好な感じになりますが、おそらくポールを一緒に収納できるようにこのサイズになっているのかと思います。実際持っていたMSRのポールを入れると、収納時の収まりが良くなりました。

 スポンサードリンク

関連グッズ
Coleman
テントグランドシート270

購入時期 2010.10
購入経緯 グランドシートの役目は、地面の湿気や浸水をシャットアウトしたり、テントの耐水性を高めるといったことになります。我が家も実際、砂利サイトだった時、テントの底が破れたりしないか心配になったことがありました。そういう意味でも、今後このグランドシートは必要だろうと購入に至りました。
補足 砂利サイトの時にも安心ということと、雨の時でも直に地面に触れない分、テント底面の濡れ具合や湿気具合が緩和されます。特に芝ではなく土サイトの時は、水たまりができたりしますので、あるのと無いのとでは大きく変わってくると思います。
Coleman ペグハンマー
購入時期 2010.10
購入経緯 柔らかい地面のサイトの時は、テントやタープに付属しているプラスチックのハンマーでも大丈夫なのですが、硬い地面になるとペグダウンの時だけでなく、抜く時にも苦労していた為、購入しました。
補足 このハンマーの威力はすごかったです。こんなにペグダウンが楽になるとは思いませんでした。ハンマーの重みで勝手にペグが中に入って行くような感じです。又撤収時にもペグを引っかけて抜くことができるので、かなり楽になりました。
Coleman スチールペグ30cm
購入時期 2010.10
購入経緯 テント購入時にセットでついていたプラスチックのペグが何本か折れてしまったので購入しました。
補足 まず、テント用に30cmは長すぎました。テントの場合は20cmで良いと思います。
かなり硬い地面のサイトの時に初めて使ったのですが、抜く際に引っかける部分が折れたり曲がったりで抜けなくなってしまいました。そして、最終的には全部のペグが短い期間でダメになってしまいました。そういったこともあり、その後は、下記のスノーピークのソリッドステークを使っています。
snowpeak タープ用
ウィングポール・アルミポール
購入時期 2011.6
購入経緯 別途購入したのではなく、HDタープシールドレクタ(L)Proセットに入っていました。
補足 snowpeakのタープは、単品を購入するとタープ本体と自在付ロープしか入っていませんので、別途ポールが必要です。タープ用のポールは2種類、直径30mmのウィングポール、直径22mmのアルミポールがあります。タープも種類がありますので、必要になってくるポールが変わってきます。さらに言うならば、ポールの高さも数種類ありますので、自分たちのキャンプスタイル(例えばロースタイル派なら低めのポール等)にあわせて、高さを決めることができます。
snowpeak ソリッドステーク
購入時期 2011.6
購入経緯 付属のペグは強度が少し弱いこと、何本か曲がってしまったこともあり、今後のことを考え、この「世界のキャンパーが認めた史上最強ペグ」と言われているソリッドステークを購入しました。
補足 30cmと40cmのペグはタープ用としてHDタープシールドレクタ(L)Proセットの中に入っていました。テント用には別途20cmを購入。確かに、最強といわれるのが納得できるほどすごいペグです。多くの方がされているのですが、自分用の目印として、又、遠くからでもすぐわかるように、目立つ色の紐をつけ、マーカーでロゴ部分に少し加工して使っています。
snowpeak ペグハンマーPro.C
購入時期 2011.6
購入経緯 HDタープシールドレクタ(L)Proセットの中に入っていたのですが、息子がペグダウンを手伝ってくれるようになったので、1本追加しました。
補足 このハンマーは先端部分をペグ(ソリッドステーク)の穴に引っかけられるので、奥の方まで打ち込んだ場合でも、容易に抜くことができ、とても便利です。又、ヘッド部分は銅製になっていて、地面の硬いサイトでも、打ち込む時の振動が手首にはあまり伝わってきません。一度の設営で20本以上のペグを打つことを考えると、手首への負担はかなり軽減されると思います。ちなみに、銅の部分は打ち込むたびに形が変形していくのですが、ヘッドだけの販売があるので、半分くらいの厚みになったら交換した方がいいそうです。あまり薄くなるまで使うと、ヘッドだけの交換ができなくなり、ハンマー本体を購入することになりますので、、
snowpeak マルチコンテナM
購入時期 2011.6
購入経緯 以前から他の方が使用されているのを見て、お洒落でいいな、と思っていたのですが、ハンマーやペグも増え、持っていくのにもまとまっている方が便利ということもあり、購入しました。
補足 サイズは3種類ありますが、40cmのペグも購入しましたので、Mサイズにしました。持っていくのにもすっきりまとまるので気に入っています。
snowpeak
エクステンションシート
シールドレクタL
購入時期 2011.7
購入経緯 HDタープシールドレクタ(L)を使用する際、このシートを追加すると、日陰が増え、プライバシーが守られるということもあり、購入しました。
補足 連結はタープ本体のポールに引っかけ、3か所結びつけて、ペグダウンするだけなので簡単です。このシートがあるおかげで、日陰スペースがかなり増え、日差しや風が和らぐので重宝しています。又、タープの向きにもよりますが、写真のように、中が丸見えにならず、プライバシーも守られます。ファスナー開閉でメッシュ状態にもなります。
snowpeak
リビングシェルトンネル
購入時期 2011.8
購入経緯 リビングシェル購入時に、既に持っているランドブリーズHD5と連結したかった為、購入。
補足 我が家が購入したものは、’11.8現在販売しているものの、ひとつ前のタイプということもあり、アウトレット品として、安く購入することができました。初秋のキャンプから使用しています。トンネルを間に入れる、中のリビングスペースはかなり広くなり、快適です。ただ、リビングシェルとの接続部から風が結構入ってくるので、冬場は隙間風が寒いと思います。
snowpeak
リビングシェルシールド
ルーフグレー
購入時期 2011.10
購入経緯 秋冬シーズンの結露軽減対策にリビングシェル用の屋根部分を購入。
補足 シールド加工がされているので、暑い時期は日差しを遮り、内部の気温上昇を防ぎます。
結露対策としては、リビシェル全体にかかっているわけではないので、目立って結露が無くなったという風には感じませんが、それでもその部分は濡れた感じがありませんので、軽減されているんだと思います。
snowpeak リビングシート
購入時期 2011.11
購入経緯 リビングシェル内をお座敷スタイルにしたいと思い、購入しました。
補足 シートの周囲が10cm立つようにできているので、砂や土、水が侵入してくる心配がありません。(皆無というわけではありませんが、、)お座敷スタイルは思っていた以上に快適で、椅子を持って行く必要が無いので荷物の軽減にもなりました。
snowpeak
ランドブリーズ5グランドシート
購入時期 2011.11
購入経緯 ランドブリーズHD5を購入後も、持っていたColemanのグランドシートを折り曲げて使用していましたが、人に譲ることになり、専用のグランドシートを購入しました。
補足 以前使っていたグランドシートより、薄くて軽いので、撤収時の乾きも早いです。
又、当然のことながら、テントとサイズがピッタリのなので、テントとシート一緒にペグダウンするのもラクになりました。
snowpeakランドブリーズPro.4
グランドシート
購入時期 2012.1
購入経緯 ランドブリーズPro.4購入にあたり、セットで購入。
補足 上記、ランドブリーズ5用と同様です。
coleman
アウトドアドライバッグL
入手時期 2012.10
入手経緯 キャンプ場主催のイベント抽選でgetしました。
補足 濡れたものや、濡らしたくないものを収納できる防滴バッグです。
雨の撤収時にはテントやタープ等、そのまま入れることが出来るので、重宝します。
ちょうどこの時のキャンプは大雨の中の撤収となったので、タープを畳んだりする余裕もなく、そのままぐしゃぐしゃっと入れて持って帰りました。一応、70Lのゴミ袋を持って行ってはいたのですが、それでは到底入らなかったので、これがあって本当に助かりました。ただ、雨撤収の際は、テントをきちんと畳む余裕もなく、ドサッと入れることになると思うのですが、リビシェル、ピルツ15は入れるのに相当苦労しました。
Highlander(ハイランダー)
ガイロープ4mm×20m
購入時期 2012.10
購入経緯 テントのロープをかえて、我が家のオリジナルにしたかったので、購入しました。
補足 ピルツには赤が合うかなと、アウトドアグッズを扱うショップにも行ってみましたが、なかなか気に入ったものが無く、ネットで色々探していたところ、ちょうどこちらが希望するようなものが見つかったので購入。ただ、安価なものをネットで買うと送料の割合が大きくなるので、数をまとめて注文しました。テントに付けて見たところ、ロープだけでかなり印象が変わり、良い感じになりました。ただ、テントによって、又、同じテントでもロープをつける場所によっても、ロープの太さが変わりますので、そのあたり(長さ&太さ)も踏まえて、購入した方が良いと思います。
MSR アジャスタブルポール
購入時期 2013.4
購入経緯 TATONKAタープにはポールが付属しておらず、せっかくならかっこいいもの、と、我が家の定番カラーでもある「赤」 のポールにしました。太さは8フィート(208cmー259cm・22mmφ)と5フィート(130cm-152cm・16mmφ)の2種類です。
補足 イメージ通り、タープとの色の相性もかなり良い感じで、気に入っています。ポールの一番上段には10cm間隔でアジャスター(穴)がついているので、簡単に、かつ、細かい高さ調整が出来るのもポイントが高いです。ただ、TATONKAのような幕だけのタープのポールとしては少し細いので(特に5フィートはかなり細いです。)、強風の時などには気を付けないといけないかもしれません。
Colmenan アルミ自在
購入時期 2013.4
購入経緯 TATONKAタープには付属のロープが4本ついているのですが、増やした方が建て方のバリエーションも増えるので、↑のガイロープと、このアルミ自在を使って新しい自在ロープを作りました。
補足
エリッゼステーク28cm

購入時期 2013.7
購入経緯 エリッゼステークは鍛造ペグで非常に頑丈、又、ペグ自体が楕円形なので丸いペグのようにクルクル回ることもなく、抜けにくいのが特徴です。金物の町として有名な新潟県三条市(燕三条)にある鍛冶屋さんで作られています。カラーバリエーションも豊富で、黒色の他に、赤、ピンク、黄色もあり、オシャレなのはもちろん、目立つ色なので紛失しにくい、つまづきにくい、というメリットもあります。
鍛造とは、金属を加熱し圧力をかけ、鍛えながら目的の形にする加工法です。
補足 我が家はテーマカラーでもある赤にしました。ペグにつけるロープも赤なので、とても目立って良い感じです。
マーキュリー ツールボックス
購入時期 2013.7
購入経緯 オシャレなアメリカン雑貨で人気の「マーキュリー」。ペグもオシャレな赤になったので、この際ケースも赤で揃えよう!ということで、購入。
補足 実物を見たことが無かったのですが、届いて見て思わず、「かわいい!」と言ってしまう程、良かったです。
ただ、ペグやハンマーをたくさん入れると、かなり重くなるので、取っ手を持って移動するのに少し不安があります。持ち運びは、出来るだけ取っ手ではなく本体を持った方が良いような気がします。
ROBENSタープポール

購入時期 2015.6
購入経緯 これまでタープ用にはMSRのポールを使っていたのですが、やっぱりタープポールとしては少し細く、実際、折れたり曲がったりで二回修理をしているので、もう少し太くてしっかりしたポールの方が良いかな、とこちらに買い替えました。
補足 240cmのタイプはφ28㎜とメインポールとして十分な太さがあります。
又、ショックコードでつながっているわけではないので、一本抜いて三本にすることにより、タープの高さを変えることができます。(180cmのタイプは3つのポールがコードでつながっています。)
ポールにロゴが入っているのもちょっとオシャレです。
エリッゼステーク
アルティメットハンマー

購入時期 2015.9
購入経緯 これまではスノーピーク製のペグハンマーを使っていたのですが、ヘッドが大分消耗し、そろそろ交換の時期になってきたところ、エリッゼステーク(ペグ)を作っている「村の鍛冶屋」さんが、エリッゼステークを抜くのに適したハンマーを発売。ヘッド交換と新規購入と迷ったのですが、結局新しいものを購入することにしました。
補足 本体とヘッド部分はそれぞれ二種類から組み合わせることができ、見た目もかなりカッコいいです。

  • mixiチェック
  • 関西子どもとお出かけ遊び場情報・キャンプ用品購入履歴
 スポンサードリンク
キャンプ場編indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.