関西子どもとおでかけ遊び場情報ー家族でお出かけ・レジャーに ー水遊び・川遊び・ プール・海水浴グッズー
水遊び、川遊び、海水浴であると便利なアイテムの紹介です。
※水遊び・川遊び・海水浴・プールで遊ぶのに必須、又はあると便利なアイテムを紹介します。特に流れのある川遊びや海水浴は楽しい反面、お子様だけでなく、大人でも命を落とす危険があることも確か。実際、夏になるとよく悲しい水難事故のニュースを見かけます。水の事故には十分気を付けて遊びましょうね。  
Coleman
ポップアップシェード
補足
ケースから出してポンッで細長いテントのような形になるので、海やプールに行くときにはとっても便利です。以前も、プール用にポール2本で組み立てるサンシェードを持っていたのですが、そこそこ時間もかかり、炎天下だと汗だくの作業!でも、このポップアップシェードは袋から出してポンッ!と開くので、5秒で完了!かなり便利で重宝しています、
楽天「ポップアップシェード」検索 
Reef Tourer・シリコン製
子供用マスク&シュノーケルセット
補足
高学年になり、魚を捕まえる楽しみを知った息子用に、シュノーケルセットを購入しました。この「Reef Tourer」のものは、スキューバー器材のトップブランドとして世界中のダイバーから支持されている「TUSA」のノウハウを生かして開発されたもの、ということだったので購入。又、値段的には比較的高い方になるのですが、安価な塩ビ素材などと比べると、匂いがしない、フィット感があるというシリコン製にしました。確かに、口に含んでも臭いは全く感じません。又、水も入ってこないので、快適です。やり方も、口で息をするということさえ最初にちょっと練習すれば、簡単にマスターして、海でも楽しんで使っていました。 
楽天「子供用シリコン・シュノーケルセット」検索 
水着ラッシュガード
補足
今や紫外線対策に、ラッシュガードは必須アイテムですね。
濡れるとピッタリして、脱ぎ着しにくいので、特にお子様にはファスナータイプがおススメですよ。
楽天「ジュニア用水着」検索 
楽天「ラッシュガード」検索  
ゴーグル
海水浴・プール・川遊び・ゴーグル
補足
ゴーグルは、プールや海では必須アイテムかもしれません。
塩水が目に入ると痛いですし、プールでは、顔をつけて泳ぐと後で目が充血したりします。
あわせてスイムキャップもある方が良いと思います。
レジャープールは無くても問題ありませんが、25mプールなどがある屋内プールでは、キャップ必須の所も多いです。
楽天「ジュニアゴーグル」検索 
楽天「スイムキャップ」検索  
ライフジャケット
補足
これまでは、足のつかないような川で遊んだりすることがなかったのですが、「キャンプinn海山」で遊んだ際に、ライフジャケットをレンタル。
やはり川や海で遊ぶのに、ライフジャケットは必須だということで、購入しました。

 楽天「ライフジャケット」検索
浮き輪
補足
こちらは説明するまでもありませんね。
海、川、プール、どこででも必須のアイテムです。

楽天「浮き輪」検索
足入れ浮き輪
補足
小さなお子様の場合、普通の浮き輪だとスルンと抜け落ちてしまうこともあるので、足入れタイプの浮き輪がオススメです。このタイプだと、浮き輪の中は足を通す穴しか開いていませんので、抜け落ちる心配はありません。ハンドルがついていたりすると、車のようにハンドルを回して遊んだり、と、お子様がご機嫌になられると思いますよ。
楽天「足入れ浮き輪」検索
イルカのフロート
補足
泳げるくらいの大きなお子様にはあると楽しいグッズです。
浮き輪と違って、転覆してしまうことも多いので、小さなお子様にはちょっと不向きかと、、
後、フロートは大きいので、口で空気を入れるのはかなり大変です。
セットで、空気入れ↓を購入されることをお勧めします。
楽天「イルカのフロート」検索
マットの浮き輪
補足
イルカのフロートに比べ、安定感がありますので、小さなお子様を乗せてあげても喜ばれると思います。
大人でも寝転んで浮かぶと気持ちが良いですよ。
こちらも、口で空気を入れるのは大変なので、空気入れ↓は必須です。
楽天「マットの浮き輪」検索
エアポンプ
空気入れ・エアポンプ
補足
最初は足でキュッキュと踏むタイプのものを使用していたのですが、すぐに壊れてしまったので、再購入。電動のものはかなり楽そうだったのですが、お出かけ先で使用することを考え、手動で自転車の空気入れのようなエアポンプを購入。ロゴスのエアポンプは、押しても引いても空気が入るので、子どもでも比較的簡単に、浮き輪や大型のイルカフロート、マット等にも空気を入れることができます。
ちなみに空気を抜くこともできるのですが、抜く方はかなり腰にきます(^^;
先端は4種類あるので、色んな種類のものに対応できると思います。
楽天「エアポンプ」検索
crocks
補足
特に、靴下を履きたくない夏シーズンには大活躍です。
クロックスの場合、実際の靴のサイズとは異なる場合もありますので、ネットで購入されるなら、一度実店舗で試着してからの方が良いと思います。

 楽天「crocks」検索
マリン(ウォーター)シューズ
補足
川遊びや海での磯遊びには、専用のマリンシューズ(ウォーターシューズ)は必須です。
素足は非常に危険ですし、クロックスやサンダルでは脱げることが多く、かなり不便です。
マリンシューズは、素足が外に出る部分はないので、何かで切って怪我をすることは少なく、又、底はボコボコとしていますので、ヌルっとした石の上などでも滑りにくく、例えて言えば、素足で履く水はけの良い靴のような感じです。
サイズに迷うことがあると思いますが、大きすぎると川の中でスポッと抜けてしまうことがあるので、サイズ調整ができるタイプを選ばれた方が良いと思います。マジックテープタイプは脱ぎ履きがしやすい上、足首でしっかりホールドできますし、後ろにアジャスターがついているタイプなら、そこをキュッとしめると、つま先に余裕があっても、脱げにくいと思います。
 楽天「マリンシューズ」検索
 楽天「ウォーターシューズ」検索
SONY ハンディカム
HDR-GW77
補足
我が家は元々ムービーカメラを持っておらず、デジカメの動画機能で撮影していたのですが、やはり子どもの行事の時にはムービーがある方が便利なのと、数年前に比べ価格もずいぶん安く、かつ、画像もかなりキレイになっていたので、購入を検討していました。せっかく買うなら、水の中でも撮れるもの、と探したところ、こちらを見つけ購入。海や川、プールでも水濡れを気にすることなく使えるのはうれしいですね。そして、キレイな海や川の水中撮影ができるのも大きな魅力です。
 楽天「ソニー ハンディカム」検索
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに追加
  •  スポンサードリンク

    Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.