関西子どもとおでかけ遊び場情報 ~咲くやこの花館・植物園編~
咲くやこの花館・花博記念公園内にある植物園「咲くやこの花館」を紹介します。

HOME >  ハイキング・植物園編index
咲くやこの花館
住所
 大阪市鶴見区緑地公園2-163 TEL: 06-6912-0055 ※MAP
駐車場
 有・「花博記念公園 鶴見緑地」の中央第二駐車場が最寄りです。
公式サイト
 咲くやこの花館
開館時間・休館日
 開館時間:10:00~17:00(最終入館は16:30迄) 
 休館日:毎週月曜(※祝日の場合は翌日)・年末年始(12/28~1/4)
入館料
 高校生以上:500円(Pitapa割引有)
ポイント
 ★★★☆☆
コメント
「咲くやこの花館」は1990年に開催された「国際花と緑の博覧会(通称:花博)」で大阪市のパビリオンとして建設されたもので、花博終了後は「屋内植物園」として開放されおり、温室は日本最大規模だそうです。
館内は温室独特の湿度と温度で、「熱帯」という言葉がすぐに浮かぶほど。
「熱帯雨林植物室」や「熱帯花木室」などでは、日本とはまた違った植物に出会うことができます。
珍しいのが、ミニミュージアムで展示されている世界最大級の花「ラフレシア」の標本。
本当の花と蕾を樹脂で固めたものなのですが、実物は、「キレイな花」という感じではなく、どちらかというと少し気味の悪いといった印象を受けました(^^;
全体的には、外に咲いている花と違って、「華やかさ」があまりありませんが、写真を撮りに来られている方はたくさんいらっしゃいました。
ただ、お子様連れでと考えると、少し退屈してしまうかな、という感じはします。
尚、掲載情報は2012年6月時点のものです。(2016年9月に公式サイトで再確認)
施設等は変更になる場合もありますので、必ずおでかけ前に公式サイトでご確認ください。
訪問日:2012年6月2日
エリア情報
この周辺の遊び場は▶▶▶こちら
この周辺の宿泊施設は▶▶▶こちら
 
大阪エリアの食事施設は▶▶▶こちら

 スポンサードリンク

咲くやこの花館・花博鶴見緑地 花博の時のパビリオンがそのままの形で残っています。
「水に浮かぶスイレン」をイメージして作られたんだとか・・
咲くやこの花館・花博鶴見緑地 入場料は高校生以上からで、中学生以下は無料です。
(2016年9月再確認)
又、Pitapaカード提示で割引が受けられます。
咲くやこの花館・花博鶴見緑地 写真撮影は可能ですが、いくつか注意事項があります。
マナーを守って撮影しましょう。
咲くやこの花館・花博鶴見緑地 「熱帯雨林植物室」
見るからにジャングルっぽいですね。
咲くやこの花館・花博鶴見緑地 「熱帯水生植物コーナー」
オオオニバスの浮葉の直径は大きければ2mほどになり
体重30kgくらいの子供なら乗ることができるそうです。

咲くやこの花館・花博鶴見緑地 熱帯スイレン「イブリン・ランディグ」
咲くやこの花館・花博鶴見緑地 「ニンファエア・ミクランタ」
咲くやこの花館・花博鶴見緑地 「ブラッシア・ウェルコサ」
咲くやこの花館・花博鶴見緑地 ミニミュージアム
「世界一の花ラフレシア」の標本が展示されているそうです。
どんな花かな・・・?
咲くやこの花館・花博鶴見緑地 「・・・」
花という言葉からあまり想像できない姿でした。
花にも色々あるんですね。

ちなみに、花博の時は、この花の標本を見るために、
大行列ができたそうですよ。
咲くやこの花館・花博鶴見緑地 「熱帯花木室」
バナナがなっていました。

咲くやこの花館・花博鶴見緑地 こちらはパイナップルです。
甘い良い香りが漂っていました。
今更ですが、パイナップルは木になるんじゃないんですね。
ちなみに、パイナップルは、上部の葉を切って挿すと、
それが親株となり葉の上部にまた実ができるんだそうです。
咲くやこの花館・花博鶴見緑地 「ハイビスカスワールド」
咲くやこの花館・花博鶴見緑地 絶滅危惧種の「ヒビスクス・コキオ」
咲くやこの花館・花博鶴見緑地 「アラビアコーヒー」
咲くやこの花館・花博鶴見緑地 「パパイヤ」
咲くやこの花館・花博鶴見緑地 「プチイングリッシュガーデン」
ずっと湿度の高い室内にいたので、
外の空気が気持ちよかったです。
咲くやこの花館・花博鶴見緑地 個人的な感想になってしまいますが、
やっぱり、花を見るのは青空のもとの方が
気持ちが良いです(^^;
咲くやこの花館・花博鶴見緑地 季節によると思いますが、
黄色や白、ピンクといった感じに色分けされて、
色んな花が咲いていました。
咲くやこの花館・花博鶴見緑地 室内に戻って「乾燥地植物室」
様々なサボテンがズラリ。

他にも「高山植物室」では青いケシの花が見られます。
この青いケシ、高山地帯であるヒマラヤでも、
標高4000mを超えた地域にしか生えていないんだとか。
この青いケシの花目当てに来館される方も
多いんだそうです。

咲くやこの花館・花博鶴見緑地 行った時は「ハワイ・花と文化展」が開催されており
ハワイアンキルトの展示などもありました。
咲くやこの花館・花博鶴見緑地 レストラン
比較的リーズナブルなメニューでした。
(16時半ラストオーダー・閉店です。)
咲くやこの花館・花博鶴見緑地


「ミュージアムショップ」
お花模様のグッズがたくさん販売されています。
 スポンサードリンク

ハイキング・植物園編indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.