関西子どもとおでかけ遊び場情報 ~太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート~ 
太陽公園・兵庫県姫路市にある太陽公園は、城のエリアと石のエリアに分かれており、トリックアートや世界各国の石像を楽しめるテーマパークのような大きな公園です。

HOME >  公園編/兵庫 index
太陽公園
住所
 兵庫県姫路市打越1342-6 TEL:079-267-8800 ※MAP
駐車場
 無料
公式サイト
 太陽公園
営業時間・休館日
 09:00~17:00 年中無休
料金
高校生以上 小中学生
1,300円 600円
※’15.2現在の料金です。 JAF割引有
ポイント
 ★★★★☆
コメント

兵庫県姫路市にある「太陽公園」は、遊具や芝生広場等がある一般的な「公園」ではなく、どちらかと言うと、色々なものが展示されている「テーマパーク」というのに近い施設です。
小さな山の上に突然現れる中世ヨーロッパの古城を思わせる「白鳥城」。
園内は、そのお城がメインとなる「城のエリア」と、世界の石で作られた建造物や石像、遺跡のレプリカを展示している「石のエリア」の二つに分かれています。
エリア詳細や所要時間など、下記にまとめましたので、よろしければ行かれる際の参考にしてくださいね。
【エリア詳細】
①「城のエリア」
チケット購入後、山の上のお城までは無料の「モノレール」で移動します。
2015年2月現在、城の中は、「城」とは特に関係の無い「視覚トリック3Dアートミュージアム」となっていました。殆どが平面に描かれた絵なのですが、そこでポーズをとって、指定された「カメラ位置」から写真を撮ると、写った写真は立体になっているのです。かなりの数の展示があるので、一つ一つポーズを決めて写真を撮っていると、楽しくて結構時間が過ぎると思います。
②「石のエリア」
エリア内は入口の「凱旋門」から始まり、「自由の女神」や「ピラミッド」、「天安門広場」「万里の長城」など、世界各国の建造物が再現されています。中でも圧巻は、「兵馬俑博物館」にある兵馬俑のレプリカです。中に入ってみると、すごい数の兵馬俑が整然と並んでいるのですが、なんとその数約1000体!
一通りエリアを見て周った後、最後に「もう一回見てから帰ろう」と思ったほどでした。
エリア内はとにかく広く、移動距離も長いので、暑い時期を避け、歩きやすい靴で行かれた方が良いかと思います。
【所用時間】
オフィシャルでの平均所要時間は「城のエリア」60分、「石のエリア」120分、計180分とのことでしたが、我が家の場合は「城」→100分、「石」→70分で、お昼ご飯込みでtotal時間は約3時間半でした。
城のエリアの3Dアートが楽しくかなり長時間いましたが、逆に石のエリアの石像などは写真を撮りながらささ~っと見て終わり、という感じ。(※広いのでエリア内を移動するだけでも時間がかかります。)
ただ、石像や遺跡などに興味のある方は、石のエリアの方が長くかかるのかもしれません。
訪問日H27.2.21
エリア情報
この周辺の遊び場は▶▶▶こちら
この周辺の宿泊施設は▶▶▶こちら
 
兵庫エリアの食事施設は▶▶▶こちら

 スポンサードリンク


城のエリア 石のエリア
アクセス・駐車場
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 山陽自動車道「姫路西」インターより約5km
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート
ディズニーランド「シンデレラ城」のモデルにもなった
ドイツの有名な古城、「ノイシュヴァンシュタイン城」を
イメージして作られた「白鳥城」が左手に見えてきます。
高い場所にあるので、山陽自動車道の下り車線からも
見えました。
(※上り車線から見えるかは不明です)
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート ちなみにこちらが本物、
ドイツ「ノイシュヴァンシュタイン城」
こうやって写真を並べてみてみるとかなりの出来!
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート しばらく道なりに進み、「峰相」の信号を左折します。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 正面に「石のエリア」のゲートが見えますが、
駐車場は左折したところにあります。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 左折すると、左斜め上に城が見えます。
駐車場はその下あたりにあります。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 駐車場入口
かなりの台数停められると思います。
(駐車料金は無料)
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 駐車場の上の段には、お城までの移動手段である
モノレールが見えます。
城のエリア入口周辺
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 城のエリア(白鳥城)入口です。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 「公園マップ」
城のエリアは、城の中を見て周るだけなのですが、
石のエリアは広い場所を歩いて移動になるので、
結構大変です。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート
入園料
高校生以上 小中学生
1,300円 600円
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 入場すると、無料で記念写真を撮ってくれます。
こちらが撮影場所。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート しっかりとした台紙とプリントした写真を
一人一枚づついただけるのもうれしいですね♪
モノレール 
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート お城までのモノレール乗り場は、
ウェルカムハウス「スワン」
(※写真右側の建物)
奥にあります。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 「モノレール乗り場」
運行の間隔は殆どの時間帯が20分に1本です。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート こちらがモノレールです。(無料)
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 距離的にはそう長くないのですが、傾斜は
結構急な方です。
モノレールはお城のそば(下)に到着します。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 側面にある待合室。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 冬だったのでストーブがついていました。
帰りのモノレールの時間待ちにちょうど良いですね。
白鳥城 
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート お城の正面に出てきました。
ここだけに限らず、場内にある写真スポットには
丁寧に、床(地面)に立ち位置が書かれています。
※←写真には被写体の立ち位置しか写っていませんが、
 カメラの立ち位置も書いてあります。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート それぞれの立ち位置から写した写真がこちら。
この時はお天気も良かったので、キレイに撮れました。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート お城の入口
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート かなり素敵な「ノイシュヴァンシュタイン城」
ステンドグラス製作歴20年以上の個人の方の作品です。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート
3F
ドイツの「くるみ割り人形」の展示
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 「くるみ割り人形制作過程コーナー」
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート
4~6F
「3Dアートミュージアム」
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート
まずは不思議の絵の展示です。
←のモナリザさんの目線に注目!
左が正面から、右が少し右側から撮った写真なのですが、
目線が異なって見えますね?
他にもそういった絵がいくつか並んでいます。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート そしてこちらがメインの「3Dアート」展示室です。
それぞれの作品の足元には、カメラの立ち位置や、
作品例などが丁寧に書かれていますので、
それを参考に、ポーズを取ってみると楽しいです。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 写真に撮ってみると、既に立体的に見えているのですが、
実際は
平面の床に描かれている絵なのです。

ちょうど良い位置に立って(座って)みると、、、
↓ ↓ ↓
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 「いただきま~す♪」

あらあら不思議。
お兄ちゃんがあんなにちいさくなっちゃって、
フライパンもガス台も立体的に!
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート
 「た、、たすけて~~!!」

こちらは壁と床に沿って、逆Lの字に描かれた絵。
梯子もかかっていません。
でも、穴の中から怪物が襲ってくるのを、
梯子をのぼって逃げているように見えますね。

写真を撮っている方も、ポーズしている方も
写真の仕上がりに「え~なんで!?」とビックリします。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 「隙あり!」
この絵も、塀がこちらに突き出しているように見えますが、
実は平面に描かれた絵です。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート
この写真だと少し「からくり」がわかるかな、、
娘は梯子にのぼっているわけではなく、
右足が実は床についていて、
左足だけ梯子の段に合わせてあげています。
息子の方も足のところが床です。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート
「うまく描けてる?」

今にも飛び出してきそうなペガサスですが、
やはりこちらも実際は平面の絵です。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 「つかまって!!」
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート
 「どいてくれ!」

魔法の絨毯の上で繰り広げられているように見えますね。

こちらで紹介したのはほんの一部で、実際は約30点の
作品があります。
色んなポーズをして写真を撮ると、とっても楽しいですよ。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 「王座の間」
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート まさに、「王様」気分が味わえるお部屋です。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート こちらは中庭に出て撮った写真です。
こちらもカメラポイントが書いてあります。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート
帰り道
帰りもモノレールに乗るのがベストですが、
ちょうど行ったところだと20分待つことになります。
帰りは下りなので、歩いておりることもできます。
我が家も歩いておりました。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 下から眺めたお城もなかなかです。
ウェルカムハウス 「スワン」 
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 入口、チケット売り場横の建物が
レストランやお土産屋さんのある
ウェルカムハウス「スワン」です。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 「播磨のおみやげ 白鳥の館」
3Dアートが楽しめるキットなども販売しています。
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 2Fには「レストランスワン」があります。
お子様ランチ(700円)、大人用メニュー(1,300円~)
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート 「フードコート」
太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dアート


我が家はパンを買って食べました。
これだけ買って1,200円くらい。
全体的にどれもおいしかったのですが、
中でも「エビカツバーガー」はかなりオススメです♪
  • mixiチェック
  • 太陽公園/城のエリア・石のエリア・3Dトリックアート
  •  スポンサードリンク

    公園編/兵庫indexへ

    Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.