関西子どもとおでかけ遊び場情報 −兵庫県木の殿堂−
兵庫県木の殿堂・関西子どもとおでかけ遊び場情報・兵庫、大阪にある博物館・科学館・企業施設の紹介です。

HOME博物館・科学館index
兵庫県 木の殿堂
住所
 兵庫県美方郡香美町村岡区和池951 TEL:0796-96-1388  ※MAP
駐車場
 有・無料
公式サイト
 兵庫県 木の殿堂
ポイント
 ★★★★☆
開館時間・休館日
 
開館時間
 4月~11月:10時~16時半(※入館は16時まで) 
 12月~3月 : 10時16時(※入館は15時半まで)
休館日  月曜日(※休日の場合は翌平日)・年末年始(12/31~1/4)

コメント


木の殿堂は、
県立兎和野(うわの)高原野外教育センターの付属施設で、「森と海と太陽」をテーマに有名な建築家安藤忠雄氏が設計された施設です。
まず、到着してびっくりするのが、建物の外観です。
実際は中もなのですが、一体どれくらいの木が使われているんだろう、とか、総工費はいくらなんだろう、とか思ってしまう程。
入場は無料で、中には木に関連する展示があったり、夏休み期間にはクラフト製作等もできます。
しかも値段もリーズナブル!我が家も、クラフト、バードコールをやってみました。
親子ともに、集中して黙々と楽しく作業をして、とても楽しい時間でした。
子供達はまだまだ作りたかったようです。

他にも、木のおもちゃがたくさんあり、遊んだりできるので、製作と合わせると結構長時間遊べますよ。
キャンプに来た時や雨の日にも良いと思います。
尚、掲載情報は’11.7時点のものです。
施設など変更になっている場合もありますので、必ずおでかけ前に公式情報をご確認ください。
訪問日:'11.7.31
エリア情報
この周辺の遊び場は▶▶▶こちら
この周辺の宿泊施設は▶▶▶こちら
 
兵庫エリアの食事施設は▶▶▶こちら

 スポンサードリンク

木の殿堂・兎和野高原野外教育センター 道沿いの目印です。
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター とにかく驚くのがこの外観!
全て木です!
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター 写真に収まりきらないので、迫力がいまいち
伝わりませんが、、すごいです。
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター 受付です。
中で写真撮影するのに、名前や住所を書く必要があります。
奥にはかわいい木のおもちゃやマグネット等、
お土産に喜ばれるようなものがたくさん。
我が家もかわいいマグネットを購入しました。
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター 行ったときにやっていたクラフト製作。
200円から500円とリーズナブル。
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター 我が家は、
・「森のクラフト」200円
・「バードコール」300円 を申し込み。
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター 建物の中の柱はものすごく太い四角い木なのですが、
これは集成材というもので、
写真のように何枚も木が重なってできている柱で、
強度も普通の木よりも何倍も強いそうです。
やっぱり手間のかかった建物です。
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター 常設展示
「木と森林のとのくらし」
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター 木のおもちゃコーナー
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター 息子と二人でどっちが早くゴールできるか競争。
思わず大きな声を出してしまう程、
白熱した戦いでした。(笑)
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター しかけ人形やパズルなど、
たくさんのおもちゃがおいてあります。
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター 一番奥にある工作室。
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター 中には電動糸ノコがズラリ。
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター まずは、娘希望のバードコールを。
図案は受付で選べます。
100種類くらいあったような、、
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター メインはママでしたが、少しだけ息子も手伝いました。
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター 切ってすぐの状態。
この後、目の穴を先生に開けてもらい、紙をはがし、
紙やすりで滑らかに削ります。

バードコールは、差し込んだネジを左右に回していると、
鳥の鳴き声のような音がして、
10分くらい山の中でやっていると、
本当に鳥が集まってきたり、返事したりするそうです。
確かに、後で子供たちが鳴らしているのを聞いて、
本当に鳥が鳴いているのかと思ったくらいです。
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター 息子は、木の枝などで、クワガタを製作。
もちろん、自由に考えて作ります。
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター 一番右は、バードコールで余った木と、
少し大きめの木をご厚意で交換していただき、
ママが作ってみた組み木「象の親子」です。
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター 初めてにしてはなかなかの出来!
by自画自賛のママ
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター =おまけ=
「瀞川(とろかわ)山」山頂展望ポイントへ。
木の殿堂から兎和野野外教育センターの方に進み、
更に通り越して大きなタンクのようなものが見えたところに、
山側に入る道があります。
山頂近くまでは車で行けます。
ただ、舗装されていない凸凹道が何キロも続きます(^^;
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター 山頂より手前の展望台(?)での景色。
なかなかです。
山頂はもっとすごいのかな?と期待。
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター 約10分ほど走らせると、下りの直線道が出てきます。
その先に車を停めるスペースがあります。
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター 道の左側に小さな立て看板と、向かい側に砂利の敷地が。
車を停める場所はこの砂利の敷地なのですが、
溝があるので、少し先に進んで、そこから入ってきます。
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター 山頂まではものの5分ほど。
でも、当然ずっと上りなので、大人はバテます(汗)。
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター でも、山頂の景色を見るとそんな気分も吹っ飛ぶハズ!
木の殿堂・兎和野高原野外教育センター

が!!なんということか、この霧・・
実は、↑の展望台を過ぎたあたりから、急に霧が出始めたんです。
山の天気は変わりやすい、、ということですね。
残念、何にも見えませんでした~(涙)
 スポンサードリンク

博物館・科学館編indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.