関西子どもとおでかけ遊び場情報 −大塚国際美術館・陶板名画美術館ー
大塚国際美術館/世界の名画を陶板画で再現した「大塚国際美術館」の紹介です。

HOME  >  遊び場一覧index
大塚国際美術館
住所
 徳島県鳴門市鳴門町鳴門公園内 TEL:088-687-3737  ※MAP
アクセス
 神戸淡路鳴門自動車道「鳴門北IC」より車で約3分
駐車場
 有・無料(美術館から車で約1分のところにある専用駐車場に停め、無料シャトルバスにて美術館へ。)
公式サイト
 大塚国際美術館
開館時間・休館日
 開館時間:9:30~17:00(※入館は16:00まで)
 休館日:月曜
(祝日の場合は翌日/8月は無休)・1月は正月明けに連続休館有
料金

一般 大学生 小・中・高生 音声ガイドレンタル
3,240円 2,160円 540円 500円/台
※JAF割引はありませんので、事前にコンビニやホテルなどで前売券を購入されることをお勧めします。

ポイント
 ★★★★★
コメント
淡路島から徳島県に入ってすぐの「鳴門IC」近くにある「大塚国際美術館」は、日本最大級の展示スペースを持つ美術館で、日本一入館料が高い美術館とも言われています。
我が家も、以前興味は持ったものの、子どもが時間を持て余しそうなのと、それ以上に料金が高いので行かなかったという経緯があるのですが、後で色々調べてみると、
「料金」だけでなく、実は「評価」も高いことを知り、行ってみることにしました。
こちらの美術館の大きな特徴は、展示作品は古代の壁画、世界の名画が1,000点以上あり、それら全てが複製品であるということです。
なので、本物なら絶対にありえない
「写真撮影」もOK
そして、展示作品はすべて原寸大、陶器の板に特殊な技術で焼き付けている「陶板名画」というもので、この先2000年以上経っても色褪せることなく、そのままの形で残るんだそうです。
実際作品を見てみると、本物を見たことがない管理人のような素人目では、「本物です」と言われたら信じてしまうだろうな、というくらい。
しかも、本物なら、世界各国バラバラに展示されている美術品、もしかしたら普通では見られないかもしれない作品を、日本にいながらにして一度に見られるわけですから、かなりお得だと思います。
館内はとにかく広く、展示作品も多いので、一つ一つ丁寧に見ていると1日あっても足りないくらいかもしれませんが、特にお子様連れだとゆっくり見られないことが多いと思いますので、例えば、レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」や「最後の晩餐」、ゴッホの「ひまわり」、ムンクの「叫び」等、誰でも知っているような有名な作品を中心に見てまわるといいかなと思います。
我が家も、少し駆け足気味で見ていったのですが、お昼休憩含め、所用時間は3時間半ほど。大人だけならもう少し見たかもしれませんが、子ども達
(訪問当時小3.小6)にはそれくらいが限界でした。
料金は確かに高いですが、これだけのスケール、複製作品の質の高さ、作品数の多さ等を考えると、その料金でも行って損した気分にはなりませんでした。
周辺にはいくつか観光施設もありますので、小旅行として、合わせて行かれてみてはいかがでしょうか?
尚、掲載している料金、開館時間は’16.2現在の情報です。
変更になる場合がございますので、必ずおでかけ前に公式サイトでご確認ください。
訪問日:H27.1.9
鳴門エリア情報

**鳴門観光スポット**
大鳴門橋遊歩道・渦の道
大鳴門橋架橋記念館エディ
エスカヒル鳴門
きたなだ海の駅・JF北灘さかな市
ルネッサンスリゾートナルト
この周辺の宿泊施設は▶▶▶こちら
 
徳島エリアの食事施設は▶▶▶こちら


 スポンサードリンク


駐車場・ショップ・レストラン 展示作品
 駐車場
大塚国際美術館/鳴門・陶板名画美術館 駐車場は、美術館から数百メートル離れた海沿い、
鳴門IC方面からだと、美術館を通り過ぎ、
突き当りを左折したところにあります。
大塚国際美術館/鳴門・陶板名画美術館 駐車場からは無料シャトルバスで移動します。
駐車券は美術館で割引処理をすると無料になりますので、
忘れないように持って行きましょう。
 入口
大塚国際美術館/鳴門・陶板名画美術館 美術館入口。
世界各国の国旗が風になびいていて、
とても良い雰囲気でした。
奥に少し見える建物が美術館です。
大塚国際美術館/鳴門・陶板名画美術館 入口左手、チケット売り場。
JAF割引は有りません。
特に大人は入館料が高いので、
コンビニ等で事前購入された方が少しでも安くなります。
大塚国際美術館/鳴門・陶板名画美術館 入口右手にある待合室。
帰りのバスを待つ時に利用します。
大塚国際美術館/鳴門・陶板名画美術館 建物に入ると、まずは長いエスカレーターで上に。
大塚国際美術館/鳴門・陶板名画美術館 上るとすぐに駐車券の割引サービスが受けられる
機械がおいてあります。
ショップ・レストラン
大塚国際美術館/鳴門・陶板名画美術館
エスカレーターを上ってきて、右手にある
「MUSEUM SHOP」/B3

地上から上ってきたのに、B3(地下3F)?
なんとなく不思議な感じなのですが、
山の斜面に建っている関係でそうなるようです。
大塚国際美術館/鳴門・陶板名画美術館
美術館オリジナルの商品がたくさんありますので、
お土産に買って帰るのにちょうど良いですね。
大塚国際美術館/鳴門・陶板名画美術館 個人的に、「一目ぼれ」した、
ムンクの「SCREAM
(叫び)」Tシャツ。
生地もしっかりしていて良い感じでした。
大塚国際美術館/鳴門・陶板名画美術館 この美術館の作品と同じ「陶板名画」の
ミニチュア版もあります。
大塚国際美術館/鳴門・陶板名画美術館 同じ階、入って左手にある
カフェ「te per te
(テ・ペルテ)
大塚国際美術館/鳴門・陶板名画美術館 「Cafe de Giverny(カフェ・ド・ジヴェルニー)」/B2
大塚国際美術館/鳴門・陶板名画美術館 店内写真が無いのですが、
我が家がお昼を食べたのは
「Restraunt GARDEN」/1F

こちらは「鯛めしとうどんセット」
うどんには「鳴門わかめ」がたっぷり!
大塚国際美術館/鳴門・陶板名画美術館 「海鮮丼」
大塚国際美術館/鳴門・陶板名画美術館 レストランからも見える中庭
大塚国際美術館/鳴門・陶板名画美術館


見晴らしも良く、気持ちよかったです。
  • mixiチェック
  • 大塚国際美術館/陶板名画美術館
  •  スポンサードリンク


    遊び場一覧indexへ

    Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.