関西子どもとおでかけ遊び場情報 ーおおさネイチャークラブーパラグライダー・洞窟探検・シャワートレッキング・カヌー
おおさネイチャークラブ・岡山県にある、パラグライダーやシャワートレッキング、洞窟探検(ケイビング)、カヌーなどのアウトドアが楽しめるおおさネイチャークラブの紹介です。

HOME > 遊び場一覧index 
おおさネイチャークラブ
大佐山オートキャンプ場アクティビティ
住所
 岡山県新見市大佐小阪部2240-2  TEL:0867-98-3711  ※MAP
アクセス
 ETC装着車⇒中国自動車道「大佐SAスマートIC」から約10分(大佐山オートキャンプ場近く)
 ETC未装着⇒中国自動車道「新見IC」から約30分
駐車場
 有 無料
公式サイト
 おおさネイチャークラブ・大佐オートキャンプ場アクティビティ
ポイント
 ★★★★★
定休日
 木曜日(■祝日の場合は営業 ■夏休み期間中は無休)
料金

※2016年11月現在 開催期間 体験時間※1 中学生以上※3 小学生※3 車移動
時間
※4
洞窟探検 通年
午前: 09:30~12:00※2
午後: 13:00~15:30
6,000円 4,500円  約30分
シャワートレッキング 7~8月
午前: 10:00~12:00※2
午後: 13:00~15:00
4,500円 3,000円  約15分
カヌー体験 4~11月
午前: 10:00~12:00
午後: 13:00~15:00※2
1人乗: 大人5,000円・小人3,500円
カナディアン:10,000円/艇
約15分
パラグライダー体験 4~11月 09:00~12:00 6,000円 4,500円  約5分 
※1:体験時間の15分前集合 ※2不定期開催 ※3:別途保険料(300円/人)要
※4:集合場所より現地までは自分の車で移動になります。
冬場は蒜山高原にて、スノーピクニックかまくら体験もできます。(受付はおおさネイチャークラブ)
■Coleman・mont-bell・snowpeak・ヒマラヤ会員割引あり・カード決済可能

コメント


岡山県にある「おおさネイチャークラブ」は、パラグライダーやカヌー、洞窟探検、シャワートレッキングなどのアウトドア体験が楽しめる施設です。
冬場のスノーピクニック&かまくら体験を除き、集合場所はこちらで、現地まではスタッフさん先導の元、自分の車で約5~30分※移動します。
(※体験により場所が異なります。)

我が家は、【洞窟探検】を体験してきました。
受付後、車で約30分かけて現地近くの「ふれあいセンター満奇」まで移動。
途中、対向車とすれ違うのが大変なくらい細い場所もありました。
ガイドしてくださるスタッフさんの指示のもと、「探検」にふさわしい服装=つなぎ・長靴・ヘルメット・ヘッドライト・軍手に着替え、又、車で約5分移動です。
そこからは、てくてくと、山の中へ入って行きます。

しばらく歩くと、洞窟の入り口があるのですが、え??ここを入るの!?どうやって!?と思う程狭い!
でも、入ってみると、入口から想像できない程広くてビックリ!
洞窟の中はかなり狭いところや、危ないところがあるので、ポイント、ポイントでスタッフの方が色々と指示をくださり、その指示に従って、かがんだり、滑ったり、うつ伏せになったりしながら進みます。
足元は水たまりやぬかるみは当たり前、長靴やつなぎはすぐにドロドロです。

観光用の鍾乳洞とは全く違い、明かりも無ければ、道も整っていない。
そんな中、ヘッドライトとスタッフさんだけを頼りに進んでいくので、これぞ「探検」!という気分になります。
中でも驚いたのは、本当の「真っ暗闇」の体験です。
暗闇にいても、そのうち目が慣れてきてなんとなくあたりが見える、という経験は誰でもお持ちだと思いますが、洞窟の中の暗闇は、本当に「真っ暗」。隣の人はおろか、自分の手や体ですら見えません。
いくら時間が経っても、目が慣れることは無く、そのうち自分が目をつぶっているのか開けているのかすら、わからなくなってきます。これには本当にビックリしました。

又、洞窟の中では方位もわからず、行きと帰りとでは洞窟内の景色も異なるので、帰り道が全くわからないのです。そんなことはまずありませんが、うかつに洞窟に入ったりなんかしたら、本当に外に出られず、大変なことになるということも身に染みてわかりました。

出てきたら、笑えるほどつなぎがドロドロでしたが、子ども達だけでなく、大人も本当に楽しく、「やって良かった!」と思える貴重な体験でした。
カメラは危ないので基本的に持っては行かないのですが、ガイドスタッフの方がマメに写真を撮って下さり、その写真は終了後、その場でCDに焼いていただくことができます。料金も500円とかなり良心的ですよ♪
尚、掲載情報は2013年9月時点(※料金などは2016年11月再確認)のものです。
設備などは紹介時から変更になる場合もありますので、必ずおでかけ前に公式情報をご確認ください。
 訪問日:2013年9月15日
エリア情報
この周辺の遊び場は▶▶▶こちら
この周辺の宿泊施設は▶▶▶こちら
 
岡山エリアの食事施設は▶▶▶こちら

 スポンサードリンク

おおさネイチャークラブ・洞窟探検・パラグライダー・シャワートレッキング ETC装着車でなら、中国自動車道「大佐SA」から
そのまま出られるスマートICを利用し、
出てすぐ左折、トンネル手前を左に進み、
後は「大佐山オートキャンプ場」の看板を目印に
進んで行きます。
「アウトドア天国=受付」になります。
おおさネイチャークラブ・洞窟探検・パラグライダー・シャワートレッキング 洞窟探検、シャワートレッキング、
パラグライダー、カヌー体験ができます。

パラグライダーはこの道を5分くらい上りますが、
後は、車で約15~30分移動した場所になります。
おおさネイチャークラブ・洞窟探検・パラグライダー・シャワートレッキング 用紙に必要事項を記入し、受付します。
集合は体験開始時間の15分前です。
おおさネイチャークラブ・洞窟探検・パラグライダー・シャワートレッキング コールマンやモンベル、スノーピーク、ヒマラヤ会員の
割引が有ります。
体験の金額が大きいので、忘れず持って行きましょう。
おおさネイチャークラブ・洞窟探検・パラグライダー・シャワートレッキング 建物の奥には、体験に使うカヌーや、、
おおさネイチャークラブ・洞窟探検・パラグライダー・シャワートレッキング ライフジャケット等がおいて有ります。
おおさネイチャークラブ・洞窟探検・パラグライダー・シャワートレッキング ちょっと、いや、かなりわかりにくいトイレ(笑)
おおさネイチャークラブ・洞窟探検・パラグライダー・シャワートレッキング 【洞窟探検】
車で約30分かけて、「ふれあいセンター満奇」に
移動です。
近くには「満奇洞」という観光用の鍾乳洞があります。
おおさネイチャークラブ・洞窟探検・パラグライダー・シャワートレッキング 到着後、探検ウェアに着替えです。
洞窟内では濡れたところに膝をついたり、
お尻をついたりしますので、
中の服は汚れたり濡れたりしても大丈夫な
服装の方が良いですよ。
おおさネイチャークラブ・洞窟探検・パラグライダー・シャワートレッキング 鍾乳洞の入り口まではちょっとした「登山」。
おおさネイチャークラブ・洞窟探検・パラグライダー・シャワートレッキング やっと着いた入口は、え?ここ?と思う程、
狭い入口なのですが、、
おおさネイチャークラブ・洞窟探検・パラグライダー・シャワートレッキング 中に入ってしまえば、入口からは想像できない程、
広くてビックリ。
おおさネイチャークラブ・洞窟探検・パラグライダー・シャワートレッキング ところどころで、スタッフさんが写真を
撮ってくださいます。
おおさネイチャークラブ・洞窟探検・パラグライダー・シャワートレッキング 時には、かなり狭いところを、工夫しておりたり、
上ったりすることも。
全身ドロドロになるわけです。
おおさネイチャークラブ・洞窟探検・パラグライダー・シャワートレッキング 探検もさることながら、
洞窟内の鍾乳石もかなり立派!

←こちらはストローと言って、かなり細く
ストローのように中に穴が開いています。
おおさネイチャークラブ・洞窟探検・パラグライダー・シャワートレッキング そのストローも、そのうち中が詰まってきて、
段々と太くなります。
おおさネイチャークラブ・洞窟探検・パラグライダー・シャワートレッキング それが伸びてくると、
下から伸びてきている石筍とくっつき、
最後は「石柱」という柱のようなものになります。
おおさネイチャークラブ・洞窟探検・パラグライダー・シャワートレッキング 白い部分は、石灰が固まったもので、
実際には光を当てると、キラキラと
ラメのように光っています。
おおさネイチャークラブ・洞窟探検・パラグライダー・シャワートレッキング ゴール地点の「大ホール」で記念撮影♪

ここまですごく長い道のりのような気がしましたが、
実際の距離を聞いてビックリです!

帰りに「どこが帰り道でしょう?」クイズを
何問か出されたのですが、見事、
全問不正解でした(>o<)
洞窟って怖いですね、、((+_+))
おおさネイチャークラブ・洞窟探検・パラグライダー・シャワートレッキング

最後は、外で記念撮影。
(もちろん正面写真も有ります。)

特に子ども達のお尻から下は見事な汚れっぷり!
軍手に至っては、泥水が絞れるくらいでした。

観光用鍾乳洞では味わえない体験ができ、
本当に楽しい時間でした。
お値段が高いのですが、他ではできない
貴重な体験は出来て、大満足でした。
 スポンサードリンク

遊び場一覧indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.