関西子どもとおでかけ遊び場情報 ~三田市野外活動センター/川遊び・キャンプ・バンガロー・天体観測~
三田市野外活動センター/兵庫県三田市にある野外活動センターは、キャンプ場やバンガロー、川遊びができる川もあり、ファミリーや団体さん等、幅広く遊べる施設です。

HOME  > 遊び場一覧 index
三田市野外活動センター
住所
 兵庫県三田市小柿949  tel:079-569-0388  ※MAP
アクセス
 中国自動車道「西宮北IC」より約25km・「神戸三田IC」より約20km
駐車場
 有・無料
公式サイト
 三田市野外活動センター
休所日
 ■宿泊・野外施設:12/1~翌年3/31迄 及び 4月11月の月曜日
 ■天体観測所:12/28~翌年1/4 及び 1/5~12/27迄の日月火水曜日
(※夏休みなどの長期休暇はこの限りではない)
料金・利用時間

=’14.7現在= 大人※1 小人(3歳~高校生)※1 利用時間
デイキャンプ 200円 200円 9:00~17:00
キャンプ 600円 300円 13:00~10:00
キャビン(20名以上~) 800円※2 400円※2 13:00~10:00
バンガロー 1,600円※2 800円※2 13:00~10:00
天体観測所 400円 200円 4~9月/19:00~21:30
10~3月/18:30~21:00
※1.上記料金は三田市民以外の方で、三田市民の方の利用は全て上記の半額となります。
※2.別途リネン代200円/人が必要です。
予約について
 施設は事前予約制です。
 市内の方は利用日の3か月前の月始めから、市外の方は利用日の2か月の前の月始めから。
ポイント
 ★★★★☆
コメント

「三田市野外活動センター」は、誰でも利用可の施設で、リーズナブルな料金で気軽にデイキャンプや川遊びができ、キャンプやバンガローでの宿泊も可能です。
特に夏の週末などには川遊び、デイキャンプ(バーベキュー)をされる方も多いようで、駐車場も臨時でないと停められない程人気の施設でもあります。利用料が安いのも魅力だと思います。
川遊びはファミリーが多かったですが、デイキャンプスペースは子供会や何かの集まりのような団体利用が目立ち、かなり賑やかでした。
ちなみに、車の横づけはできませんので、荷物は全てリヤカーなどで運びます。
行った日は、宿泊キャンプの方もいらっしゃいましたが、多くは日帰り利用の感じでした。
もし宿泊キャンプをされる場合は、チェックアウトが10時と早いこと、サイトは一番奥なので駐車場からはかなり距離があること、又、時期によっては昼間はかなり賑やかだと思いますので、そのあたり、注意が必要かと思います。

我が家は川遊び目的で利用しました。
溺れたりするのを防ぐ為というより、夏以外のシーズンの釣り場の関係で、施設近くの川は殆どが石で区切られていました。なので、小さなお子様でも流されたりする心配はなく、安心して遊ぶことができます。又、水深も浅く、一番深いところでも子どもの胸あたりくらいなので、大きなお子様が石の上などから飛び込んだりは危ないと思います。
羽束川(はつかがわ)は清流とのことでしたが、残念ながら感動するほどの透明度は無く、同じ清流でも過去に行った三重県にある銚子川・奈良県天川村にある天の川は本当にキレイだったんだなと改めて実感しました。
ただ、近場で川遊びと考えると、十分かなと思います。
訪問日:H26.7.20
エリア情報
この周辺の遊び場は▶▶▶こちら
この周辺の宿泊施設は▶▶▶こちら
 
兵庫エリアの食事施設は▶▶▶こちら

 スポンサードリンク

三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 中国自動車道「西宮北IC」から約25km、
「神戸三田IC」から約20kmです。

施設や駐車場は道路から橋を渡ったところに
あるのですが、満車の場合は道路沿いにある
臨時駐車場に停めることになります。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー こちらが臨時駐車場です。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー デイキャンプ、宿泊キャンプはもちろん、
川遊びだけでも有料になります。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 川は11月~5月までは釣り場になるそうです。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 橋の上から見た川。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 施設近くの川は釣り場の関係で、
石で区切られています。
夏場の水遊び時には、流されたりする心配がなく、
安心して遊べますね。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 川を渡ったところにある駐車場。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 受付は右手にある管理棟で。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー BBQ用の炭や薪等の販売もあります。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー デイキャンプや宿泊キャンプの際、
その場所まで車の乗り入れができませんので、
駐車場からリアカーを借りて荷物を運びます。
宿泊キャンプの場合、サイトは広場の一番奥なので、
結構遠いです。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 場内map
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 1棟定員40名、20名以上から予約可能のキャビン。
全部で4棟あります。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー キャビン近くにあるトイレ。
川遊びをするのにトイレがあると安心ですね。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー シャワー棟もあります。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー デイキャンプスペース

一番奥が宿泊者用のテントサイトになります。
←写真でもわかるようにかなり距離があります。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 別角度から。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 場内には小川が流れています。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー デイキャンプスペースの一番奥にある
宿泊者用のテントサイト。
かなりの距離があるので、搬出入が大変そうです。
チェックアウトが10時というのもなかなか
慌ただしいですね・・(@_@;)
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 炊事棟はさすがという感じ。
大規模な炊事棟が5棟あります。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 屋内炊事棟も有り。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー ガスの利用は有料です。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 山側にはバンガローがあります。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー こちらはイベント用の野外ステージ。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー バンガローは更に山の奥。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー こんな感じの建物が10棟。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 見た感じ、キレイそうな印象を受けました。

ただ、こちらは一番奥のバンガローだと
荷物の搬出入はもちろん、
水回りも離れるので大変かな、、
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 山の上の方に階段で185段のぼると
「天体観測所」があります。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 確かに、来る時に山側にそれらしき建物が
ちらっと見えました。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 185段の階段は、段が高くて、奥行きも広く、
一段一段「よいしょっ」とのぼる感じ。
想像以上にかなりきつかったです。
又、下りは、段が斜めになっているような場所もあり、
特に星を見に行く夜は、注意が必要です。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 途中何度もめげそうになりました。
暑い日中だったので、余計にきつかったです。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 天体観測所
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 4月~9月は19時から、10月~3月は18時半から
あいており、無料の天体観測会が行われている日も
あります。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 更に上には展望台もあるようですが、
体力が続かず、確認できませんでした。
少なくとも、この階段を上ったところには
ありませんでしたので、更に上なんだと思います。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 羽束川(はつかがわ)
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 橋よりも上流の方が少し深い場所がありました。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 一応、なんとか泳ぐことも、、
でも、足はつきます。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 網を片手に川の中を覗き込む子ども達・・
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 小さな小さな魚が捕れました。
三田市野外活動センター・川遊び・キャンプ・バンガロー 川への下り口は一か所のみなのですが、
そこに無料の水シャワーがありました。
 スポンサードリンク

遊び場一覧indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.