関西子どもとおでかけ遊び場情報 ~琵琶湖バレイ・スキー場/滋賀~
琵琶湖バレイ・スキー/滋賀県の琵琶湖にあり、ロープウェイに乗ってゲレンデまで移動するスキー場、琵琶湖バレイの紹介です。

HOME ロープウェイに乗れるスポットindex
琵琶湖バレイ
住所
 滋賀県大津市木戸1547-1  TEL:077-592-1155  ※MAP
アクセス
 名神「京都東IC」~湖西道路「志賀IC」下車 約4km
 駐車場から無料シャトルバスにてロープウェイ乗り場へ
(※乗り場近くの駐車場もあります。)
アクセス補足
行き帰りともに、時間帯によって湖西道路は渋滞します。
大阪方面からの行きは「比叡山坂本駅」を過ぎたあたり
左車線が減少し、対面通行になるのでその手前から渋滞する可能性があります。
駐車場
1,000円/日・1700台
駐車場はゲート入口からロープウェイ乗り場まで棚田上に第1駐車場
(一番上)~第15駐車場(一番下)まであります。9~15に停めた場合は、ロープウェイ乗り場まで無料シャトルバスで移動となります。
公式サイト
 琵琶湖バレイ(ウィンターシーズン)(グリーンシーズン)
料金
リフト券(orスノーランド入場券)以外に、ロープウェイ料金も必要です。
シーズン、曜日により料金が異なりますので、詳細はオフィシャルサイトにてご確認ください。
ポイント
 ★★★★★
コメント

※我が家は冬にスキーに行ったので、紹介しているのはゲレンデ情報のみになりますが、
 他シーズンには桜や紅葉等の絶景が楽しめます。詳細はオフィシャルページでご確認ください。

滋賀県の琵琶湖沿いにある「琵琶湖バレイ」は、大阪方面からでもかなり近距離にあり、比較的行きやすいスキー場で、山の麓に車を駐車するので、道路凍結の心配は比較的少なく、ノーマルタイヤでも行ける日が多いのが特徴です。
(※天候により麓でも雪が降ることはあります。)
ゲレンデの特徴を下記にまとめましたので、行かれる際の参考にしてください。
琵琶湖バレイの大きな特徴は、ゲレンデが山頂から反対側斜面に広がっているので、車を停めてから山頂まで「ロープウェイ」で移動しないといけないことです。
駐車場の場所によっては、更にロープウェイ乗り場までシャトルバスに乗らないといけず、又、土日はかなり混雑することからチケットを購入するのにも並びます。
我が家の例でいうと、2月の祝日
朝9時に駐車場に到着→身支度を整えシャトルバスに乗り、チケット売り場で30分近く並んだ後、ロープウェイに乗車→ゲレンデに着いたのは10時10分でした。
せっかく早く到着しても、そこからのゲレンデまでの時間がかなり時間がかかってしまうのが残念です。
駐車場に忘れ物をしないようにくれぐれもお気を付け下さい。
コースの割合で言うと、中級者コース>初級者コース>上級者コースとなっています。
初級者コースは3本で、山頂から滑り降りるコースや全長1,000mのロングコースがあります。
上級者向けは1本ですが、他にコブ専門コースや、緩い斜面から急斜面まで起伏の激しい林間コース、全長1,400mのロングコースなどがあり、十分楽しめると思います。
今回我が家は、初級者+中級者向けコースを滑りましたので、かなり満足できる内容でした。
ただ、ロープウェイの最終が17時なのですが、コースによってはリフト運行終了が15時と早いところもあるので、ギリギリまで滑ろうと思われる場合はそのあたり気を付けないといけません。
③スノーランド有り
スキーをされない小さなお子様向けにはソリ・雪遊び専用エリア「スノーランド」があります。ゲレンデとは別の場所にありますので、安心してソリや雪遊びが楽しめます。
全体的にスノーボードの方が多くみられました。行った日はかなり混雑しており、ロープウェイから降りたところにある「打見ゲレンデ」は滑り出す場所でスノーボードを装着される方が多く、通り抜けることも困難な程。又、特に初級者コースはかなり人が多い上、スノーボードの方の割合も多かったので、少し滑りにくかったです。(中級者コースはそこまで混雑していなかったのであまり気になりませんでしたが、、)

行き帰りともに、ゲレンデから駐車場までは他スキー場と比べ時間がかかりますので、+30分~1時間は余裕を持って行動した方が良いかと思います。
尚、掲載情報は’15.1時点のものです。
料金などは変更になる場合もありますので、必ずおでかけ前に公式サイトでご確認ください。
訪問日:H27.1.18
エリア情報
この周辺の遊び場は▶▶▶こちら
この周辺の宿泊施設は▶▶▶こちら
 
滋賀エリアの食事施設は▶▶▶こちら

 スポンサードリンク


アクセス・施設・スノーランド ゲレンデ

アクセス・駐車場
琵琶湖バレイ・スキー 湖西道路「志賀IC」下車、一つ目の信号を右折、
1km先の「琵琶湖バレイ口」を右折です。

※←「琵琶湖バレイ口」は反対側からの写真です。
琵琶湖バレイ・スキー 先に大きなゲートをくぐった後、
少し進んだところに料金ゲートがあります。
※1,000円/日
(’15.2現在)
琵琶湖バレイ・スキー 駐車場は一番上のロープウェイ乗り場近くから、
下の方まで棚田上に15箇所あり、
今回はP13に案内されました。
琵琶湖バレイ・スキー P9~P15までは身支度を整えてから
シャトルバスで移動します。
戻るのはかなり面倒なので、くれぐれも
忘れ物の無いように出発してくださいね。
チケット売り場・ロープウェイ 
琵琶湖バレイ・スキー 駐車場からロープウェイ乗り場まではすぐなのですが、
曜日や時間帯によってはチケットを購入するのに
かなり並びます。

(※我が家は2月の祝日朝9時半に売場着で30分近く並びました。)
こちらが定員121名のロープウェイです。
琵琶湖バレイ・スキー 朝早い時間には開いていませんでしたが、
帰りには豚まんやたこ焼き、ホットドッグなど
露店がいくつか営業していました。
ちなみに、帰りのバス乗り場はこんな感じ。
時間や曜日により少し待つこともあると思います。
琵琶湖バレイ・スキー 「レンタルショップ」
スキーセットのレンタルの場合、
ストックは山頂で借ります。
琵琶湖バレイ・スキー ロープウェイ乗り場の手前にある売店
「ローカルマーケット」
琵琶湖バレイ・スキー 「ロープウェイ乗り場」
乗車券(往復)は手前で回収となります。
琵琶湖バレイ・スキー
休日は時間によってはかなり混雑します。

秒速12m、日本一の速さで標高1,100mの山頂まで
約4分で到着です。
琵琶湖バレイ・スキー 出発してすぐあたりで、下を見ると野生の鹿が
たくさんいました。
このあたりには雪は殆どないのですが、、
琵琶湖バレイ・スキー 山頂に近づいてくると、この通り。
ロープウェイ山頂駅
琵琶湖バレイ・スキー 山頂に着くと正面にレンタル用のストックが並んでいます。
琵琶湖バレイ・スキー 通路を進み、右手に出るとゲレンデ方面へ、
左手の「山頂センター」にに入ると、
コインロッカーやレストラン、
スキー・スノーボードスクールの受付があります。
琵琶湖バレイ・スキー 1F:スキー、スノボスクール受付
琵琶湖バレイ・スキー 2F:レストラン「スカイカフェ」
麺類やカレーなどが食べられます。
時間によってはかなり混雑しています。
琵琶湖バレイ・スキー レストラン入口側にある「コインロッカー」
1Fにもロッカーがあります。
小:300円 大:400円
スノーランド周辺
琵琶湖バレイ・スキー 山頂駅をおりて右手にある「びわ湖アルプス山荘
週末などの特定日のみ宿泊可能だそうです。
ゲレンデのすぐそばなのでかなり便利ですね。
(※’14-’15シーズンはメンテナンスの為営業休止)
琵琶湖バレイ・スキー 1Fにある、ハッピーカレーバイキング「レイクビュー」
席数が360もある大型レストランです。
琵琶湖バレイ・スキー 日により、2Fロビーを無料開放されているようです。
琵琶湖バレイ・スキー こちらが2F「ロビー」です。
琵琶湖バレイ・スキー レストラン入口の右側にある「授乳室」
琵琶湖バレイ・スキー 更にその奥には、お子様向けのスキースクール
「スキッズキャンプ」の受付があります。
スノーランド
琵琶湖バレイ・スキー ↑の「びわ湖アルプス山荘」の隣にある
ソリ、雪遊び専用エリア「スノーランド」
琵琶湖バレイ・スキー 「雪遊びコーナー」
琵琶湖バレイ・スキー 「そり」専用エリア
琵琶湖バレイ・スキー 「レンタルそり※無料」もあります。
レストラン「バードキャッスル」
琵琶湖バレイ・スキー ホーライゲレンデにある
レストラン「バードキャッスル」
琵琶湖バレイ・スキー 店内の様子。
琵琶湖バレイ・スキー スキー場のレストランとは思えないくらい
メニューも豊富で、何にしようか迷ってしまいました。
琵琶湖バレイ・スキー メニューによって窓口がわかれるので、
例えば家族で一つの財布でお会計する場合などには
少し面倒になるかもしれません。
琵琶湖バレイ・スキー レストランおすすめメニューの「ボルガライス」
オムライスの上にカツが乗っていて
かなりボリュームがありました。
琵琶湖バレイ・スキー

スクランブルエッグがたっぷり乗った
「オムライス」もおいしかったです♪
  • mixiチェック
  • 琵琶湖バレイ/スキー場
  •  スポンサードリンク

    ロープウェイに乗れるスポットindexへ

    Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.