関西子どもとおでかけ遊び場情報 ~きたなだ海の駅/JF北灘さかな市・鳴門~
きたなだ海の駅 JF北灘さかな市/徳島県の鳴門にある、とれたての鮮魚が買える、食べられる「JF北灘さかな市」の紹介です。

HOME
> 遊び場一覧index 
きたなだ海の駅・JF北灘さかな市
住所
 徳島県鳴門市北灘町宿毛谷字相ケ谷23 TEL:088-683-8137 ※MAP
アクセス
 神戸淡路鳴門自動車道「鳴門IC」より車で約10分
駐車場
 有・無料(※行った時は日曜だったのですが、ひっきりなしに車が入ってきてかなり混雑していました。)
公式サイト
 JF北灘さかな市
営業時間
 ■さかな市:08:30~17:00 年中無休
 ■漁業食堂:10:00~21:00
(ラストオーダー20:00※冬期牡蠣食べ放題は19:00) 不定休
ポイント
 ★★★★☆
コメント

徳島県の鳴門市、大浦漁港のすぐ隣にある「JF北灘さかな市」は、獲れたての鮮魚や干物、地元農家の方が作られた新鮮野菜等が購入できる「海の駅」です。
規模的にはそう大きくないのですが、地魚を使用した定食や、夏季限定「生シラス丼」、冬限定「牡蠣の食べ放題」も楽しめる【漁協食堂うずしお】が併設されていることもあり、とても人気のある施設のようです。
行った時は冬場の日曜昼間だったのですが、車がひっきりなしに次々入って来て、駐車場も満車状態でした。
ここよりも大阪寄りの鳴門エリアには「大塚国際美術館」や、渦潮を見ることができる「渦の道」など、観光スポットもありますので、あわせて行かれてはいかがでしょうか?
その際、鮮魚の品揃え、大阪方面からの移動ルートで考えると、先に遠い「さかな市」に行ってから、他施設に行かれることをオススメします。鮮魚などの購入時は氷をもらえますが、特に夏場はせっかく買ったものをダメにしてしまうといけないので、買った後に他施設に行かれる場合はクーラーボックスがあれば持参しておいた方が良いかと思います。
又、大塚国際美術館は展示物も多く、ざっと見て回るだけでもかなり時間がかかりますので、美術館とセットで行かれる場合は、できるだけ早めに現地に到着されることをオススメします。
 訪問日:H28.1.10
鳴門エリア情報

**鳴門観光スポット**
大塚国際美術館
大鳴門橋遊歩道・渦の道
大鳴門橋架橋記念館エディ
エスカヒル鳴門
ルネッサンスリゾートナルト
この周辺の宿泊施設は▶▶▶こちら
 
徳島エリアの食事施設は▶▶▶こちら


 スポンサードリンク

JF北灘さかな市・鳴門・牡蠣食べ放題
神戸淡路鳴門自動車道「鳴門IC」より車で約10分
約50台停められる駐車場は行ったときは満車、
運よく空いた場所に停めれた、という感じでした。
JF北灘さかな市・鳴門・牡蠣食べ放題 正面入り口です。
施設の規模はどちらかというと小さめです。
JF北灘さかな市・鳴門・牡蠣食べ放題 店舗外には、椅子&テーブルと
「野菜直売」コーナーがあります。
JF北灘さかな市・鳴門・牡蠣食べ放題
朝獲れの新鮮野菜や果物等、
形はバラバラだったりしますが、
とても安く販売されています。
我が家は大好きなさつまいも「鳴門金時」を
買いました。
JF北灘さかな市・鳴門・牡蠣食べ放題 野菜直売コーナーの右奥には
きたなだ海の駅「なる駅長」の姿が。
JF北灘さかな市・鳴門・牡蠣食べ放題 駅長就任どのくらいなのかわかりませんが、
なかなかの貫禄で、近寄っても逃げることなく、
ど~んとしていました。
JF北灘さかな市・鳴門・牡蠣食べ放題 店舗に入ってすぐ左手、
「牡蠣」や「アサリ」「サザエ」などは
グラム売りされています。
JF北灘さかな市・鳴門・牡蠣食べ放題 店内の様子。
たくさんの人でにぎわっていました。
ただ、店舗が小さく、通路も狭いので、
人が多いと、移動
(すれ違い)も大変かな、と。
JF北灘さかな市・鳴門・牡蠣食べ放題 2015年上半期お菓子部門人気No.1の
「なると金時」
本当にさつまいもが入っているようなパッケージも
インパクトがありますね。
JF北灘さかな市・鳴門・牡蠣食べ放題 中はこんな感じ。
素朴な甘さがおいしいお菓子でした。
JF北灘さかな市・鳴門・牡蠣食べ放題 鮮魚コーナー。
他に、干物やわかめの販売もあります。
JF北灘さかな市・鳴門・牡蠣食べ放題 「漁場食堂うずしお」
JF北灘さかな市・鳴門・牡蠣食べ放題 中からも入れます。
ちょうどお昼時だったので、
たくさんの人が待っている感じでした。
JF北灘さかな市・鳴門・牡蠣食べ放題 定食や単品料理、時期によっては「生しらす丼」や
「牡蠣食べ放題」もあります。

JF北灘さかな市・鳴門・牡蠣食べ放題 ちょっと一息、海に面した「散歩道」
JF北灘さかな市・鳴門・牡蠣食べ放題


海におりることはできませんが、
防波堤に座って海の風に当たることができます。
さかな市から鳴門スカイラインを通って
鳴門方面へ進んで行くと、「四方見展望台」があります。
※駐車場有
展望台を通りすぎると、思わず、わぁっ!と
言ってしまうほどの景色。


ポツポツと小さな船のように見えるのは、
釣り用のいかだなんだそうです。
行ったときは流れるような雲と、空、海との
コントラストがキレイでした。
  • mixiチェック
  • JF北灘さかな市・鳴門
  •  スポンサードリンク

    遊び場一覧indexへ

    Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.