関西子どもとおでかけ遊び場情報 ~足摺岬・足摺七不思議/白山洞門~
足摺岬観光/四国最南端の地、高知県の足摺岬の紹介です。辺りには、日本有数の大きさの「白山洞門」や、弘法大師にまつわる不思議な伝説が残る史跡、「足摺七不思議」などが点在します。

HOME観光地編index 
足摺岬
住所
 高知県土佐清水市足摺岬周辺 土佐清水市観光協会TEL:0880-82-3155 ※MAP
駐車場
 約40台有・無料
観光情報サイト
 土佐清水市観光協会あしずり温泉郷
ポイント
 ★★★★★
コメント

四国最南端の地、「足摺岬」には、「足摺七不思議」と言って、弘法大師にまつわる神秘的な伝説が残る史跡などがたくさんが点在しています。
七不思議というくらいなので、7か所、と思ってしまいがちですが、この「七」は数の「7」ではなく、「たくさん」という意味で使われており、実際には、21個もあると言われています。
ただ、「足摺七不思議」として紹介されている有名なものは、7個~9個で、我が家が見つけられたのも9個でした。では他の12個は?と思って調べてみても、実際に紹介されているページも見つからず、21個として書かれていても、残りは「ご自身で体感してみてください」と書かれているだけで、どこにあるのか自体が「不思議」という感じです。

我が家は9時半頃に一番手前の
(灯台から一番遠い)駐車場に到着。
本来は灯台近くにも駐車場があるのですが、お正月で交通規制中の為、そこまでしか行けませんでした。
時間もたっぷりあるので、シャトルバス
(有料)には乗らず、のんびりと散策をしながら岬観光をすることに。
道路から海岸におり、「白山洞門」を見たり、そこから階段を上って、「七不思議めぐり」をしたり、、
「21世紀に残したい日本の景色 四国No.1」の「天狗の鼻から灯台を望んだ」後は、「金剛福寺」で、厄除け祈祷をしていただき、帰り道には「万次郎足湯」で疲れを癒し、、と本当にのんびりと散策。
結局、お昼も食べず、駐車場に戻ったのは13時半過ぎでした。
お昼ご飯を食べていたら、5時間コースだったのではないかと、、、
灯台近くの駐車場に停めていたら、ここまではなかったと思いますが、岬の観光スポットを端から端まで制覇した感じで、かえってよかったです。
尚、掲載情報は’14.1時点のものです。
施設などは変更になる場合もありますので、必ずおでかけ前に公式情報をご確認ください。
訪問日:’14.1.2
エリア情報
この周辺の遊び場は▶▶▶こちら
この周辺の宿泊施設は▶▶▶こちら
 
高知エリアの食事施設は▶▶▶こちら

 スポンサードリンク


足摺岬観光 金剛福寺 足摺テルメ/ホテル 天然温泉 あしずり温泉 
 
1 あしけん市場
2 アロウド浜
3 白山洞門
4 足摺岬灯台
5 天狗の鼻
6 ジョン万次郎銅像
7 金剛福寺
8 足摺亜熱帯自然植物園
9 白山神社
10 万次郎足湯
11 町並
亀石
潮の満干手水鉢
根(寝)笹
ゆるぎ石
不増不滅の手水鉢
亀呼び場
大師一夜建立ならずの華表
大師の爪書き石
地獄の穴
 

足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり
◎ 市営駐車場 
←は県道368号線(足摺スカイライン)から足摺岬に入って
すぐにある駐車場。
もっと先にも何か所かありますが、
行った時はお正月だった為、交通規制中で
この先は通行止めでした。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり 有料で駐車場⇔金剛福寺間のバスもありましたが、
歩いても行けるとお聞きしたので、散策しながら
のんびり歩いて行くことに。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり
1 あしけん市場
地元土佐清水で獲れた魚や地場産品の販売。
営業時間:8:00~19:00 定休日:日曜
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり ←の赤い線が足摺遊歩道(全長720m)ですが、
我が家は、海岸沿いの緑の線で歩いて行きました。
※正確には、↑の大きなmapのオレンジの道通りですが・・
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり 海へ下りる道。
入口が少しわかりにくいかもしれません。
↑の「あしけん市場」を通り過ぎると、
足摺岬郵便局があり、それを超えてすぐに、
海側へ行ける細い道があります。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり 階段を降りると、海です。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり
2 アロウド浜
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり 浜には3つの洞窟があり、海岸には
漬物石にできそうな大きな石がゴロゴロ
転がっています。

ちなみに、子ども達は半袖ですが、
行ったのはお正月、真冬の海です。
全国的に暖かいお正月だったとはいえ、
やはり南国高知ですね。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり
3 白山銅門
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり 高さ16m、幅17m、花崗岩(かこうがん)洞門としては、
日本有数の大きさだそうです。

花崗岩とは、マグマが冷えて固まった火成岩の一種で
石材としてメジャーな「御影石」はこの花崗岩でできています。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり 岩峰の頂上には白山神社が祀られており、
全体がご神体なんだそうです。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり ここから先が結構大変、、
かなり長い階段です。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり 上ったところに「白山神社」の鳥居があります。
この先は手すりや鎖など無く危険なので、
参拝はここからのみ、です。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり さんざん階段を上ってきたのに、まだ階段が続きます。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり え!?まだ・・・(@_@;)
これはかなりしんどかったです(>o<)
夏だったら、更に大変なことになりますね。

足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり
*足摺七不思議* 亀石
この、亀そのものの形をした石は自然のまま。
岬の先端には、「亀呼び場」があるのですが、
その亀呼び場に向いています。

足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり
*足摺七不思議* 潮の満干手水鉢
満潮の時には水が溜まり、干潮の時には無くなるという
くぼみがある、不思議な石です。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり
*足摺七不思議* (寝)
この地に生えている笹は、
これ以上大きくならないと言われています。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり
*足摺七不思議* ゆるぎ石
弘法大師が金剛福寺を建立する際、発見した石で、
石の揺れの程度で、心の善悪を試すと言われています。

足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり
*足摺七不思議* 不増不滅の手水鉢
平安朝の中ごろに、賀登上人という人が、
弟子とお釈迦様の住む浄土に渡海しようとしたところ、
弟子の方が先に渡海
してしまったことを深く悲しみ、
この岩に身を投げかけたそうです。
その落ちる涙が、不増不滅の水になったと言われています。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり 休憩所
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり
4 足摺岬灯台
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり 1914年(大正3年)4月に設置。
1944年、太平洋戦争で米軍機の掃射を受け、
1960年に現在のロケット型デザインに修復されました。

足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり
*足摺七不思議* 亀呼び場
弘法大師がここから亀を呼び、亀の背に乗って
眼下にある不動岩に渡り、身体安全、海上安全の
祈祷をされたといわれ、ここから亀を呼ぶと、
その亀が浮かび上がってくると言われています。

足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり
*足摺七不思議* 大師一夜建立ならずの華表
弘法大師が一夜で華表(とりい)を造らせようとした時、
あまのじゃくが鳥の鳴きまねをしたのを、
夜が明けたと勘違いし、造るのをやめたと言われています。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり
*足摺七不思議* 弘法大師の爪書き石
開山の際に、大使がこの岩肌に爪で
「南無阿弥陀仏」と六文字、刻んだと言われています。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり
*足摺七不思議* 地獄の穴
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり この穴にお金を落とすと、チリンチリンと
音がして落ちて行く。
その穴は金剛福寺の本堂のすぐ下まで通じていると
言われています。
残念ながら、今は写真のように完全に塞がっています。
ただ、昭和52年(1977年)には、開いていた穴に、
お賽銭を落とすと約1分間程、音がし続けたそうです。
普通に考えるとちょっとあり得ないような話ですが、
もしそれが本当なら、1分間聞こえ続けるというのは
相当深い穴ということになりますね。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり 足摺岬展望台
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり
5 天狗の鼻
21世紀に残したい日本の風景、四国第1位が、
この先の「天狗の鼻から灯台を望む」だそうです。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり そして、これが、その景色。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり ←天狗の鼻自体はこんな感じになっています。
(※展望台から)
かなりの断崖絶壁ですね。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり 天狗の鼻から、展望台に戻らず、道路の方に進むと、
「足摺ホタルの里」があります。
冬なので、水もありませんが、こちらは
ホタルの生息地だそうです。

足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり
6 ジョン万次郎銅像
14歳の時に、手伝いで漁に出て遭難、
アメリカの捕鯨船に救われ、
アメリカで教育を受けた後、帰国。
その後、外交に活躍したジョン万次郎こと
中浜万次郎氏は、高知県土佐清水市の出身です。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり 銅像の近くには、観光案内所とトイレがあります。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり 記念撮影スポット?
万次郎さんがこっちを向いてくれていたら
いう事ないんですけどね・・(^_-)
ちなみに、万次郎さんは、第二の故郷である
「フェアヘーブン
(アメリカ)」を見つめて
立っておられるそうです。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり 周辺には食事施設やお土産屋さんが並んでいます。
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり
7 金剛福寺
ジョン万次郎銅像のある場所からすぐのところには、
弘法大師が建立・開創された「金剛福寺」があります。
※「金剛福寺」詳細は▶▶▶こちら

足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり
8 足摺亜熱帯自然植物園
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり
9 白山神社
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり
10 万次郎足湯
 足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり 8:00~19:00 水曜休/無料
 
足摺岬観光・足摺七不思議・足摺めぐり
11 街並
観光マップに載っていたのですが、
「???」という感じの風景でした、、(^^;
 スポンサードリンク

観光地編indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.