関西子どもとおでかけ遊び場情報 ~洞川温泉・面不動鍾乳洞~
洞川温泉・面不動鍾乳洞・奈良県天川村の秘境、洞川温泉にある面不動鍾乳洞の紹介です。
HOME  > 遊び場一覧index 
面不動鍾乳洞
住所
 奈良県吉野郡天川村大字洞川  TEL:0747-64-0352   ※MAP 
駐車場
 有(数台のみ・無料)・洞川温泉センター駐車場100円/1時間 
公式サイト
 洞川温泉観光協会
ポイント
 ★★★★☆
面不動鍾乳洞
営業時間・定休日
 ■営業時間:7:30~19:00(受付は30分前迄)※時期により変更有
 ■定休日 :冬期(12月下旬~3月中旬)※営業期間中は無休
モノレール
運行日・運休日
 ■運行日:4/1~11/30(予定)
 ■運休日:木曜日(祝日の場合は翌日)※天候などによる臨時休業有
料金
  中学生以上 4歳~ 
面不動鍾乳洞 入洞料 400円 200円 
モノレール(上り) 300円 200円 
モノレール(下り) 200円 100円 
コメント

奈良県の天川
(てんかわ)村、標高約820mの秘境にある「洞川(どろがわ)温泉」は鍾乳洞が二つ、吊り橋がある他、レトロな街並みが素敵な温泉街があります。

鍾乳洞のひとつ、「面不動鍾乳洞」は
、関西では最大、日本でも貴重な鍾乳洞として、奈良県の文化財に指定されており、洞内は年間通じて8度とかなりひんやり。特に夏は半袖なので寒いくらいで、行った時も、終始「寒い~~、寒い~~」と言っていました。
鍾乳洞内は、天井からつららとなっていくつもの鍾乳石が垂れ下がり、地表からはたけのこのような形をした石筍が伸びています。ちなみに、この鍾乳石や石筍が1cm成長するのに、なんと約100年もかかるそうです。
洞内はそう広くないので、20分程で見て回れました。
ただ、貴重な文化財を守る為と思えば仕方ないのですが、鍾乳洞前には全てネットが張ってあったので、中はかなり見づらかったです。
逆に、楽しかったのは、鍾乳洞に行くのに、木の形をした「面不動モノレール・どろっこ」に乗れたこと。
かなり急な坂を上って行くのですが、なんだかジェットコースターが上にのぼって行くような感じ。
そして、下りは、なんとそのままバックで降りてくるのです。
せっかくなので?一番後ろに乗ったのですが、これ、かなり怖かったです。

「かりがね橋」(吊り橋)へは地上からは山道を徒歩7分ほどで行くことができ、上からは洞川温泉の街並みを見渡すことができます。
温泉街は昔ながらの縁側がある、昭和レトロな雰囲気漂う旅館や民宿が立ち並び、例えて言うなら、浴衣の後ろにうちわを挿して、カランコロンと下駄を鳴らして歩くのが似合うような街並みです。
温泉編でも紹介していますが、「名水とうふ山口屋」さんのお豆腐は、本当に絶品でした。
日帰り入浴可能な、「洞川温泉センター」もありますので、観光した後、お風呂に入って帰られると良いと思います。

後、観光地とは言え、村の方が普通に生活されている場所なので、狭い道でも車が結構通ります。
車を移動させながら観光されている方も多いようです。
なんとなく、道の真ん中を歩きたくなるような雰囲気の道なのですが、特に小さなお子様連れの場合は、車に十分お気を付け下さいね。
最終訪問日:H25.8.24
エリア情報
この周辺の遊び場は▶▶▶こちら
洞川温泉宿泊予約は▶▶▶こちら
 
奈良エリアの食事施設は▶▶▶こちら



洞川温泉
面不動鍾乳洞
大峯山 龍泉寺
面不動鍾乳洞・洞川温泉 温泉街の入り口に観光案内所があります。
まっすぐ行くと、左手に「面不動鍾乳洞」があります。
無料の専用駐車場がありますが、台数は3.4台と少なく、
空いていればラッキーという感じです。

行った時も満車だったのですが、
運よく出られる方がいらっしゃったので、
停めることが出来ました。
面不動鍾乳洞・洞川温泉
 面不動鍾乳洞・洞川温泉 鍾乳洞入口
歩いて登ると8分程で到着だそうですが、、 面不動鍾乳洞・洞川温泉
面不動鍾乳洞・洞川温泉 小雨だったこともあり、モノレールに乗って行くことに、、
モノレールがなかなか来なければ、
インターホンで呼び出し出来ます。

どうでも良いことなのですが、、

「モノレールの呼び出しは
!!
インターフォンで

怒っているのかと思いきや、そうでもなさそうな
この(!!&♪)の使い方にちょっと笑えます。
「!」をつける必要があるのでしょうか?(笑)
面不動鍾乳洞・洞川温泉
面不動鍾乳洞・洞川温泉 往復、もしくは片道乗車が可能です。
支払いは山頂のお茶屋さんで。
わくわくしながら到着を待っていると、、 面不動鍾乳洞・洞川温泉
面不動鍾乳洞・洞川温泉 なんだかパッと見、かたつむりにも見えるような、
丸太のデザインのモノレールが到着しました。
しかも、後ろ向けで・・
ちなみに、モノレール全容はこんな感じです。 面不動鍾乳洞・洞川温泉
面不動鍾乳洞・洞川温泉 山頂にあるお茶屋さん。
鍾乳洞、モノレールの料金はこちらで支払います。
関西で最大の鍾乳洞なんだそうです。
面不動鍾乳洞・洞川温泉
  中学生以上 4歳~ 
入洞料 400円 200円 
「面不動鍾乳洞」入口
このあたりに立つと、中から冷んやりした風が
吹いてきます。
面不動鍾乳洞・洞川温泉
面不動鍾乳洞・洞川温泉 中は一方通行で、グルッと回ってくる形になっています。
入口から階段を降りて入ります。
鍾乳洞の中は天井部分が低い場所もあるので、
背の高い方は特にお気を付け下さい。
面不動鍾乳洞・洞川温泉
面不動鍾乳洞・洞川温泉 「羅漢窟」
「しぐれ窟」 面不動鍾乳洞・洞川温泉
面不動鍾乳洞・洞川温泉 「雲の峯」
「金糸銀糸の窟」
写真ではわかりづらいですが、かなり細い鍾乳石で、
他では見られない貴重なものなんだそうです。

全て「ネット越し」に見るのが残念です・・
面不動鍾乳洞・洞川温泉
面不動鍾乳洞・洞川温泉 下りもモノレールを利用しました。
もちろん、行きだけ、帰りだけの利用も可能です。
かなり急な坂を、後ろ向きで降りるので、
めちゃくちゃスリルがあります(^^;
面不動鍾乳洞・洞川温泉
面不動鍾乳洞・洞川温泉 モノレールの乗り場下にある「洞川八幡宮」
樹齢千年を超えるスギやヒノキの大木があります。
無料駐車場の斜め前にある「そば処清九郎
我が家は利用しませんでしたが、
口コミ等を見る限り、評判の良いお店のようです。
面不動鍾乳洞・洞川温泉
面不動鍾乳洞・洞川温泉 鍾乳洞から更に奥に進むと、
かりがね橋(大吊橋)があります。
下から見ると、結構な高さがあるので、
渡り口まで時間がかかるかと思ったのですが、
徒歩7分とのことだったので、山道を上って行きました。
面不動鍾乳洞・洞川温泉
面不動鍾乳洞・洞川温泉 もしかして、足元に間が開いていて怖いのかも??
と思っていた吊り橋ですが、全然大丈夫でした。
たまたまなのか、あえてなのかわかりませんが、
真ん中あたりの、しかもちょうど顔を出せるくらいの
高さのところの金網が丸く開いていて、
そこから下が見下ろせるようになっていました。
面不動鍾乳洞・洞川温泉
洞川温泉・面不動鍾乳洞 面不動鍾乳洞や吊り橋の登り口のある道から
川を渡って向こう側にある温泉街。
その道中にある名水とうふ「山口屋」さん。
位置的には、面不動鍾乳洞は温泉街手前寄りですが、
お豆腐屋さんは奥側です。
店先でお豆腐をいただくことができるのですが、
これがめちゃくちゃおいしい!!
子どもでも、ペロリと一皿食べれてしまいます。
洞川温泉・面不動鍾乳洞
面不動鍾乳洞・洞川温泉 温泉街入口、「洞川温泉センター
駐車場完備で、温泉利用者は1時間無料。
それ以外は100円/時間です。




遊び場一覧indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.