関西子どもとおでかけ遊び場情報 ~伊勢神宮~
伊勢神宮/三重県伊勢市にある「お伊勢さん」とも呼ばれ親しまれている「伊勢神宮」の紹介です。

HOME
遊び場一覧index
神宮(伊勢神宮)
「伊勢神宮」は日本の神々のトップで、全国に約8万社余りある神社の中心に位置する存在です。
正式名称は「神宮」で、内宮、外宮を中心に別宮、摂社、末社、所管社、あわせて125の宮社の総称になります。
皇室の祖先にあたり、最も尊い神とされている天照大御神(あまてらすおおみかみ)をおまつりするのが「皇大神宮(こうたいじんぐう)内宮」。
その天照大御神のお食事を司り、衣食住をはじめ、ありとあらゆる産業の守り神、豊受大神(とようけのおおかみ)をおまつりするのが「豊受大神宮(とようけだいじんぐう)外宮」です。
参拝は「外宮」→「内宮」の順、そしてそれぞれ「正宮」→「別宮」の順にお参りするのが古くからの習わしです。

伊勢神宮 外宮境内マップ
 ※我が家は上記MAPの番号順(→)に進んで行きました。
MAPの番号
にカーソルを合わせると下記のリンク先に飛びます。
 
 外宮(げくう)境内
伊勢神宮/内宮・外宮
2時間までは無料です。
伊勢神宮/内宮・外宮 駐車場側からの入口にある「火除橋
奥のほうに見える「北御門鳥居」を通って、
右に曲がると「正宮」があります。
伊勢神宮/内宮・外宮
「外宮前バス停」から道路を挟んで向かい側、
豊受大神宮(外宮)の表参道入口。
伊勢神宮/内宮・外宮 表参道に入ってすぐ右側、
↓の橋の手前にある「衛士見張所
こちらで、境内mapをもらってから
参拝するとわかりやすいと思います。
伊勢神宮/内宮・外宮
表参道火除橋(ひよけばし)
下を流れる堀は、万一の時に防火の役目を
果たすのだそうです。

外宮は左側通行なので、
この橋から左側を歩きましょう。
伊勢神宮/内宮・外宮 手水舎
伊勢神宮/内宮・外宮 手水舎の向かい側にある「古札納所
お守り、お札以外は持ち込んではいけません。
伊勢神宮/内宮・外宮 第一鳥居
鳥居の手前で一礼をするのを忘れずに。
第二鳥居
伊勢神宮/内宮・外宮
かわらのはらいしょ
別宮(多賀宮・土宮・風宮)への入口を過ぎたところに
縄に囲まれた三つの石があります。
一般的には「三ツ石」と呼ばれていますが、
正式には川原祓所というもので、
式年遷宮の際に神官や奉仕員の方を祓い清める場所です。
石に手をかざすと温かく感じられるパワースポットとも
言われているようです。
伊勢神宮/内宮・外宮 正宮近くの参道は、道路のセンターラインのように
真ん中に白い石が敷かれていました。
これだと、片側
(左側)通行がわかりやすいですね。
伊勢神宮/内宮・外宮
しょうぐう
※正宮の写真撮影は鳥居の手前まで。
こちらは外宮の中で最も格式高いお宮で
6つの社殿からなり、中には「豊受大御神
(とようけのおおみかみ)
が鎮座されています。
鳥居の先にも塀があり、全てを見ることはできませんが、
社殿はさすが、という感じの、豪華で神聖な場所でした。
伊勢神宮/内宮・外宮 正宮の後は、別宮へ。
伊勢神宮/内宮・外宮 別宮へは表参道から横道に入ります。
伊勢神宮/内宮・外宮 位置的には、「風宮」→「土宮」→「多賀宮」の順に
あるのですが、参拝の順番としては、
一番奥にある第一別宮=「多賀宮」→「土宮」→「風宮」に
なります。
伊勢神宮/内宮・外宮 多賀宮までは階段が98段ありますが、
足の悪い方など、上まであがれない方の為に、
池のほとり
(三ツ石の近く)
「別宮遥拝所」が設けられています。
伊勢神宮/内宮・外宮
たかのみや
外宮域内にある3つの別宮のうち、最も格式の高い
第一別宮で、豊受大御神の荒御魂
(あらみたま)
お祀りしています。
山の頂にある為、古くから「高宮(たかのみや)」と
呼ばれていたそうです。
伊勢神宮/内宮・外宮 「多賀宮」から階段をおりていくと、
正面に「土宮」が見えます。
つちのみや
宮域一帯の地主の神
「大土乃御祖神
(おおおつちのみおやのかみ)」が
祀られています。

下御井戸神社(しものみいのじんじゃ)
土宮の奥の方にひっそりとあり、
表示も何もないので普通は気づかないと思います。
毎日神様にお供えするお水を汲む「上御井神社
」の
水が枯れた場合にこちらの水が使われるそうですが、
これまで一度も上御井神社のお水が枯れた事は
無いそうです。
(※上御井戸神社は参拝者が立ち入れない場所にあり。)
伊勢神宮/内宮・外宮
かぜのみや
風の神「級長津彦命(しなつひこのみこと」と
級長戸辺命(しなとべのみこと」が祀られています。
鎌倉時代の元寇(げんこう)の際、神風(かみかぜ)を吹かせ
日本を守られた神として知られています。
伊勢神宮/内宮・外宮
◆
風宮から少し進むとある石の橋、「亀石
名前の通り、亀に似ている石です。
行きは言われなければ普通の石にしか見えませんが、
帰りは見え方も違うので、確かに亀のように見えます。

伊勢神宮/内宮・外宮
◆
外宮域の四方の境界を守る神様です。
伊勢神宮/内宮・外宮
ご祈祷のお神楽等が行われる場所です。
伊勢神宮/内宮・外宮 お札、お守りの授与所も並んでいます。
伊勢神宮/内宮・外宮
せんぐう館  
■開館時間:9:00~16:30
■休館日 :第4火曜日
■入館料 :高校生以上300円 小中学生100円
 
式年遷宮の資料館です。
外宮正殿の側面を原寸大で再現した模型もあり。
 
伊勢神宮/内宮・外宮 せんぐう館は「まがたま池」のほとりにあり、
隣には無料の休憩所もあります。
そして、まがたま池にはステージのようになった
場所があり、、
伊勢神宮/内宮・外宮 行った時はちょうどこちらで、伊勢踊りを
披露するイベントが行われていました。
外宮(げくう)周辺 
伊勢神宮/内宮・外宮 外宮表参道入口から道路を挟んで向かい側(バス停の並び)
にある「伊勢市観光案内所」
伊勢神宮/内宮・外宮 道路から見て、観光案内所の奥
鳥羽 答志島 浜与本店
生のしらす丼などが食べられます。
伊勢神宮/内宮・外宮 さらにその奥「三ツ橋ぱんじゅう
伊勢神宮/内宮・外宮
100年以上も前から親しまれているお菓子で
名前の由来は諸説ありますが、
パンのような皮のまんじゅう、ということで
ぱんじゅうという名前になったそうです。
こしあん、粒あん、くるみ、カスタード、抹茶があり、
お値段も70円~80円で、1個から買えますので、
小腹がすいた時に食べるのにもちょうど良いと思います。
どれもおいしかったですが、個人的には、
粒あん、カスタードが好きでした。
伊勢神宮/内宮・外宮 更に奥には「赤福 外宮前特設店」があります。
季節により、赤福氷や赤福ぜんざい等も
食べられます。
伊勢神宮/内宮・外宮 こんな感じで並んでいます。
伊勢神宮/内宮・外宮 ちょうどその向かい側の広場では
毎週土日に朝一が開催されているようです。
伊勢神宮/内宮・外宮 伊勢市駅まで続く約400mの外宮参道。
参宮木札
外宮前では、10月~翌年3月までの間、朝から数量限定で参宮木札を無料配布している日があります。
伊勢神宮/内宮・外宮
外宮に到着したのがちょうど10:00で、
何の行列だろう?と行ったところ、
木札の無料配布でした。
しばらく並んで、木札をいただきます。
いただいたセットはこちら。
miniガイドブックと、「お初穂
(稲穂)」、
干支がかかれた木札です。
伊勢神宮/内宮・外宮
表に「伊勢神宮・午」裏に「外宮」とかかれています。
この木札を首にさげて、参拝すると、
なんとなく雰囲気がでますね。

外宮→内宮 アクセス
伊勢神宮/内宮・外宮
外宮前バス停
外宮の表参道入口から道路を挟んで向かい側にある
外宮前バス停
多客期には「内宮」への直通バスも出ています。
直通バスだと内宮までは15分弱でした。
大人:430円 小人:220円
  • mixiチェック
  • 伊勢神宮
 スポンサードリンク

遊び場一覧indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報All Rights Reserved.