関西子どもとおでかけ遊び場情報 ~世界遺産・二条城~
二条城・世界遺産・京都市中京区にある世界遺産、二条城の紹介です。

HOME
お城編index
世界遺産・元離宮・二条城
住所
 京都市中京区二条通堀川西入二条城町541 TEL:075-841-0096  ※MAP
アクセス
 京都地下鉄東西線「二条城前駅」より徒歩約5分
駐車場
 有(※2時間まで600円・以降1時間毎200円) 
公式サイト
 元離宮二条城
開城時間
 08:45~16:00(閉城17:00)
入城料
一般 中高生  小学生
 600円 500円  200円 
ポイント
 ★★★★★
コメント

「二条城」は1603年、徳川家康が京都御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所として造営し、三代将軍家光が城の拡張や殿舎の整備などを行い、1626年に完成したもので、家康が建てた建築と、家光が作らせた絵画や彫刻など、いわゆる
桃山文化の全貌を見ることができます。
1867年には十五代将軍慶喜の
大政奉還により、二条城は朝廷のものとなり、その後1884年に離宮となりました。
更に、その約50年後の1939年には京都市に下賜され、1994年に
世界遺産に登録されました。
又、お城全体が国史跡にも認められており、二の丸御殿は国宝、二の丸御殿にある障壁画の1016面が重要文化財、そして、二の丸庭園は特別名勝に指定されています。

全体的に世界遺産や、国宝というだけあってすごいのですが、やはり中でも圧倒的なすごさがあるのは「二の丸御殿」です。江戸時代にタイムスリップしたような感覚、というと少し言い過ぎですが、実際にここで、将軍が過ごしていて、テレビでよく見るような光景があったのかと思うとなんとも言えない気分になります。
天井を見ても、所どころシミが出来たりもあるのですが、それはそれで400年という歴史を感じます。
「本丸御殿」は基本的には非公開ですが、春や秋には特別公開される時期もあるようです。

行った日は快晴で冬の割に暖かく、荘厳な雰囲気の場内や、キレイなお庭を見ながらの散歩という感じで、とても良い時間を過ごすことができました。
訪問日:H25.2.2
エリア情報

この周辺の遊び場は▶▶▶こちら
ANAクラウンホテル京都
この周辺の宿泊施設は▶▶▶こちら
 
京都エリアの食事施設は▶▶▶こちら
 スポンサードリンク
二条城・世界遺産・国宝 京都地下鉄東西線「二条城前」駅より徒歩約5分、
車の場合は、東大手門前に駐車場があります。
二条城・世界遺産・国宝 「国宝」でもあり、「世界遺産」でもあります。
二条城・世界遺産・国宝
一般 中高生  小学生
 600円 500円  200円 
 *窓口でも購入できます。
二条城・世界遺産・国宝 重要文化財「東大手門」
二条城・世界遺産・国宝 「外堀」
二条城・世界遺産・国宝 門をくぐってすぐの「案内所」
二条城・世界遺産・国宝 「番所」
二条城・世界遺産・国宝
徳川将軍不在時の二条城は、幕府から派遣された
「二条在番」と呼ばれる武士たちが、宿直、警備を
行っており、この「番所」は在番の詰所の一つで、
現存する城郭の番所は全国的にも少なく、
貴重な建物となっているそうです。
二条城・世界遺産・国宝 場内の順路として、次は「唐門」なのですが、
行った時は、保存修理をされている最中だったので、
見ることはできませんでした。
二条城・世界遺産・国宝 ちなみに本来の門の姿はこうなんだそうです。
二条城・世界遺産・国宝 「国宝 二の丸御殿」
二条城・世界遺産・国宝 建物も、何かどっしりとした雰囲気があります。
二条城・世界遺産・国宝 屋根の下にある立体的な彫刻。見事です。
御殿内にも、厚み35cmの板の両面に堀った彫刻等、
他にもたくさんありました。
二条城・世界遺産・国宝
残念ながら御殿の中は、写真撮影禁止なので、
中の様子をお伝えすることができませんが、
例えば、「大広間一の間」は15代将軍慶喜が、

諸藩の重役らを集め大政奉還を発表、
それによって、徳川幕府の幕を閉じたという
歴史的な部屋で、皆が神妙な面持ちで少し頭を伏せて、
将軍の話を聞いてる様子を再現されているのが、
なんだか、本物に見えてきます。
二条城・世界遺産・国宝
「うぐいす張り廊下」
日本古来の建築物に見られる、人が床の上を歩くことにより
板がきしみ音がなるように作られた仕組を「うぐいす張り」
と言います。
御殿内の廊下は、確かに歩くと、「きゅっ」と言った感じの
音が鳴っていました。
二条城・世界遺産・国宝 裏側から見た「二の丸御殿」
二条城・世界遺産・国宝 「特別名勝 二の丸庭園」
池を中心とした書院造庭園です。
二条城・世界遺産・国宝 二の丸庭園の冬の風物詩でもある「蘇鉄(そてつ)の養生」
二条城・世界遺産・国宝 「東橋」
二条城・世界遺産・国宝 「天守閣跡」
二条城・世界遺産・国宝 天守閣は1626年に伏見城から移築されたもので、
五層の天守が建てられていたそうですが、1750年に、
落雷によって焼失し、その後再建されることなく、
今に至ります。
二条城・世界遺産・国宝 「重要文化財 本丸御殿」
こちらは非公開です。
ただ、春や秋には限定公開されることもあるようです。
「西橋」から見た外堀
二条城・世界遺産・国宝 西橋を渡ったところにある東屋とトイレ
二条城・世界遺産・国宝 そこにある自動販売機の色も落ち着いた茶色でした。
二条城・世界遺産・国宝 「休憩処」
二条城・世界遺産・国宝 庭園を見ながら、お抹茶をいただくことができます。
二条城・世界遺産・国宝 「休憩所」
二条城・世界遺産・国宝 おみやげも、外国の方に喜ばれそうな、「The 京都!」
「SAMURAI」という感じのものが多かったです。
二条城・世界遺産・国宝 「一口城主募金」
200円以上でバッチなどがもらえるそうです。
二条城の目の前にある「ANAクラウンプラザホテル京都」

※詳細は▶▶▶こちら
 スポンサードリンク

お城編indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報All Rights Reserved.