関西子どもとおでかけ遊び場情報 ~奥神鍋スキー場/神鍋高原~
奥神鍋スキー場・神鍋高原/兵庫県豊岡市、神鍋高原には3つのスキー場があります。こちらではそのうちの一つ、奥神鍋スキー場を紹介しています。

HOME スキー・雪遊び編 index
奥神鍋スキー場
住所
 兵庫県豊岡市日高町山田710 TEL:0796-45-0510 ※MAP
アクセス
 北近畿豊岡自動車道「八鹿氷ノ山IC」より約30分
駐車場料金
 平日:無料/土日祝:1,500円 
駐車場補足
駐車場はかなり広範囲にあります。
一番遠いところだと、山際にあるゲレンデ行きのリフト乗り場まで行くのに徒歩で5分以上かかります。
一番近い駐車場でもゲレンデまでは徒歩5分以上かかるそうで、通常は山際にあるリフトに乗ってゲレンデまで行くことになります。
公式サイト
 奥神鍋スキー場
料金
万場&奥神鍋共通1日券・午前/午後4時間券があります。
日曜以外は、レディスday、メンズday、子供day等の割引があります。
詳細はオフィシャルサイトにてご確認ください。
ポイント
 ★★★★☆
コメント
神鍋高原内に3つあるスキー場の一つ「奥神鍋スキー場」は、神鍋一の標高を誇るゲレンデです。
万場スキー場とつながっていて、リフトも共通券なので、行き来ができます。

初心者の方や雪遊びをされるお子様には専用エリア「ビギナー&キッズパーク」があります。
こちらは斜度5.5度と、殆ど傾斜が無いくらいなので、初めてのお子様でも安心して練習ができ、動く歩道「キッズウェイ」で、楽に上への移動が可能です。
初級者(初中級者)向けコースは4本、中級者・上級者向けコースは4本あるので、初心者の方から上級者の方まで楽しむことができます。
ただ、こちらは「万場スキー場」とは違って、初級者の方が頂上まで行ってしまうと、中級者以上の方向けのコースしかありませんので、下りてくるのがちょっと厳しいと思います。
又、同じく、万場スキー場まで移動してしまうと、行きはリフトであがれるので良いのですが、帰りは中級者以上のコースをおりてこないといけないので、初級者の方が行かれる際は、注意が必要です。
(※我が家は万場⇒奥神鍋に移動したのですが、やはり奥神鍋側は途中ちょっと怖いなと思うところがありました。)

後、リフトの乗り継ぎが少し不便な箇所があります。
山の中腹あたりには、初中級者向け「ロマンスコース」があるのですが、そこへはゲレンデ下右側にある第1リフトから第3リフトに乗り継いで行きます。その乗り継ぎ(移動)が短い上り坂になっているのです。
乗り場はすぐそこに見えているのですが、スキー板を履いたまま、カニ歩きで一歩づつ上がっても、逆ハの字で上がっても、息が切れてしまうくらい・・あまりにしんどいので、途中であきらめて板を外しました。

初心者練習用+ソリ遊び用のキッズエリアがある、「アップかんなべ」と比べると、ゲレンデ内にコースがぎゅっと集まっているので、お子様がスキーは少しで雪遊びがメイン、大人はそこそこ滑れる、というご家族なら、こちらの方が良いかな、と思います。
 訪問日:H26.2.9
エリア情報
この周辺の遊び場は▶▶▶こちら
この周辺の宿泊施設は▶▶▶こちら
 
兵庫エリアの食事施設は▶▶▶こちら

 スポンサードリンク



万場スキー場
奥神鍋スキー場
※行った日は終日雪で、空は暗く、特にゲレンデの写真は、雪が多く写り込み、見づらいものもあります。
お天気が良いと雰囲気もかなり変わると思いますので、その点、ご了承ください。
 
奥神鍋スキー場/神鍋高原 北近畿豊岡自動車道「八鹿氷ノ山IC」より約30分
奥神鍋スキー場/神鍋高原 駐車場は広範囲に渡ります。
遠い場所だと、ゲレンデにのぼるリフト乗り場まで
5分以上かかります。
奥神鍋スキー場/神鍋高原 上↑map①あたりから見るゲレンデ。
奥神鍋スキー場/神鍋高原 一番近い駐車場。
休日ともなると、早い時間に満車になってしまいます。
奥神鍋スキー場/神鍋高原 こちらは少し離れた駐車場。
更に遠い駐車場もあります。
板等を持って、この距離の移動は結構キツイですね・・

奥の方に見える、建物の奥がゲレンデへのリフト乗り場です。
奥神鍋スキー場/神鍋高原 ↑目印の建物は、天文台もあるホテル
オーベルジュ アルビレオ天文台
奥神鍋スキー場/神鍋高原 そこからゲレンデ方面を見た景色。
レンタルショップが並んでいます。
奥神鍋スキー場/神鍋高原 レンタルショップ「アルビレオ
奥神鍋スキー場/神鍋高原 ペンション スノーランド
奥神鍋スキー場/神鍋高原 BURTONスノーボードレンタル「MAX
奥神鍋スキー場/神鍋高原 レンタルショップ「ニューみちや
奥神鍋スキー場/神鍋高原 「奥神鍋ビジターハウス」
奥神鍋スキー場/神鍋高原 レンタルショップを過ぎても、
まだ ゲレンデがどこなのかわかりません。
実は、一番近い駐車場からでも、ゲレンデまでは
徒歩で5分以上かかるんだそうです。
なので、普通は、駐車場奥にあるリフトで、
ゲレンデまであがるのが一般的だそうです。
奥神鍋スキー場/神鍋高原 ゲレンデまでの「乗降リフト」は、
ホテル「オーベルジュアルビレオ」近く、
山側にあります。
奥神鍋スキー場/神鍋高原 「チケット売り場」
奥神鍋スキー場/神鍋高原 「リフト乗り場」
このリフトに乗って、ゲレンデまであがります。
奥神鍋スキー場/神鍋高原 降り場は、ビギナー&キッズエリアの近くです。
奥神鍋スキー場/神鍋高原 ゲレンデにある「チケット売り場」
奥神鍋スキー場/神鍋高原 第2ペアリフト
奥神鍋スキー場/神鍋高原 第2ペアリフトは、山頂方面に上がる
リフトとは連結していません。
奥神鍋スキー場/神鍋高原 雪でかなり見づらいですが、第2リフト下にある
ファミリーゲレンデです。
お天気が良いとこんな感じだそうです。
※←写真はオフィシャルサイトより
奥神鍋スキー場/神鍋高原 山側から降りてくる初級コース
奥神鍋スキー場/神鍋高原 ビギナー&キッズエリアの動く歩道「キッズウェイ」
上までのぼっても、傾斜が殆どない超なだらかな斜面です。
奥神鍋スキー場/神鍋高原 ビギナーエリアの中腹あたりに
スキースクールの受付があります。
奥神鍋スキー場/神鍋高原 その少し上にある「ひさごや食堂」
奥神鍋スキー場/神鍋高原 第2リフトと第1リフトの間
第1リフト下のゲレンデは中~上級者向けです。
奥神鍋スキー場/神鍋高原 第1リフト側(山頂に向かって右側)にある
民宿「リッヂやまた
奥神鍋スキー場/神鍋高原 休憩・レンタル「ル・リベルテ」
奥神鍋スキー場/神鍋高原 Cafe&Restaurant「OKUSETSU」
レンタルもあります。
奥神鍋スキー場/神鍋高原 宿泊施設・食事・休憩・レンタル
奥神鍋ヒュッテ
山の中腹より上にあるコース
上の方が難しくなります。

初級者の方でも滑れる、ロマンスコースに行こうとすると
第1ペアリフトから第3ペアリフトに乗り継ぐのですが、
これがちょっとしんどいです。
乗り場はそこに見えているのですが、上り坂なので、
滑って行くわけにもいかず、大人は途中でスキーを脱いで
かついであがったほど・・(^^;)
奥神鍋スキー場/神鍋高原 こちらが第3リフト乗り場
奥神鍋スキー場/神鍋高原 第3リフトを降りてから、
第5リフトを上ると、奥神鍋の頂上、
第6リフトを上ると、万場ゲレンデの頂上です。

ちなみに、第3リフトと第5.6リフトの乗り場は
つながっておらず、少し急な坂を下ってから
乗ることになります。
奥神鍋スキー場/神鍋高原 第5.6リフト近くにある「レストハウス四季の森」
奥神鍋スキー場/神鍋高原 二階に食堂、休憩所があります。
奥神鍋スキー場/神鍋高原 唐揚げ、ポテトなどの軽食から、
カレーや丼、ラーメン等・・
奥神鍋スキー場/神鍋高原 レストハウス四季の森から、下山するコースです。
奥神鍋スキー場/神鍋高原 林間コースという風にはなっていませんが、
一部は林間コースでした。
奥神鍋スキー場/神鍋高原 あまりに新雪が気持ち良かったので、思わず止まって、
←これ。
 奥神鍋スキー場/神鍋高原 ちなみに、こちらが第6リフト頂上、
万場ゲレンデとの境です。




今回、我が家が泊まった「ブルーリッジホテル」
奥神鍋、万場スキー場からは車で約10分。
アップかんなべからは約5分、と
どのスキー場に行くのにもとても便利なホテルです。

※ブルーリッジホテル詳細は▶▶▶こちら
 スポンサードリンク


スキー/雪遊び編indexへ

Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.