関西子どもとおでかけ遊び場情報 ~六甲山スノーパーク~
六甲山スノーパーク/兵庫県の六甲山にある人口スキー場「六甲山スノーパーク」の紹介です。全てレンタル可能なので、手ぶらでもOK。時期によってはノーマルタイヤでも大丈夫なので、気軽にスキーが楽しめます。

HOMEスキー・雪遊び編 index 
六甲山スノーパーク
住所
 兵庫県神戸市灘区六甲山町北六甲山4512-98 TEL:078-891-0366 ※MAP
アクセス
 表六甲・裏六甲ドライブウェイで六甲山頂方面へ
駐車場
 1,000円/1日
駐車場補足
混雑日には通常駐車場が満車になり、臨時駐車場に停めることになります。
臨時の場合は施設内ではなく、かなり離れた外になりますので、移動がなかなか大変です。
特に例年1月三連休の中日はかなり混雑するようです。我が家が
行った時は9時半でぎりぎり通常駐車場に止めれましたのでその時間までが目安になるのではと思います。
公式サイト
 六甲山スノーパーク
営業期間・時間

■営業期間:例年12月第一週目の土曜~翌年3月20日前後の日曜迄
2013年度⇒12/7(土)~3/23(日)

■営業時間  スキー スノーランド スノーボード
09:00~22:00 09:00~19:00 平日 休日
09:00~22:00 16:00~22:00
※12/25前後~1月初旬までは休日扱い(’13→12/25~1/6)

基本料金

※’15.1現在 販売時間 中学生以上 3歳~
デイタイムチケット
■入場料のみ・22:00迄利用可能
09:00~15:30 2,100円 1,050円
ナイターチケット
■入場料+乗り放題リフト券付
16:00~21:30 2,600円 1,550円
混雑日は08:00~販売している場合もあり。又、休日のスノボ滑走は16時~になりますのでご注意ください。
ウェア、ブーツ、スキー板
スキーやスノボに必要なものは、ゴーグル以外全てレンタル可能。
又、雪遊び用のソリ、スノーブーツ、グローブも有りますので、手ぶらで行っても大丈夫です。
各種レンタル料金はコチラでご確認ください。

チケット補足
【少しでも安く入場料などを入手する方法】
①ヤフオクで株主優待券を購入。参考キーワード「六甲山 株主優待」等・・
②「JTB」や「e-plus」で、前売り券を購入。(コンビニ支払可)
 JTBでは、平日や特定日のリフト券付入場券の取り扱いもあります。
ヤフオクチケット検索は▶▶▶こちら
※いずれもレンタルが無い場合は、安いだけでなく、窓口に並ばず入場できますので、効率的です。 
ポイント
 ★★★☆☆
コメント

何と言っても、魅力は、大阪市内から約1時間、神戸・三宮方面からは約30分という好アクセスです。
他のスキー場に比べると、ゲレンデ自体、距離が短くコースが少ないということもあり、普通に滑れる方には物足りないと思われますが、初めてスキーをされるお子さんや、長らくスキーをしていない方にとっては、絶好の練習場だと思います。
スキーとなると、タイヤやウェア、板などの装備が必要なので、なかなか行けないという方でも、こちらは基本的にノーマルタイヤでも行けますし
、ウェアや板等全てレンタル可能なので、ビギナーさんにはちょうど良いのではないでしょうか。(とはいえ、料金がかなり高くなってしまいますが、、)
又、スキーはしないけど、雪遊びはしたい、というお子様には、「スノーランド」があります。
我が家も、子ども達が4歳と1歳の時にスノーランドに行って雪遊びを楽しみ、それから6年後、小4と小1になった年にスキーをしました。

両親ともに、スキーが上手なわけではなく、ブランクも10年以上あるので、子ども達はスキースクールに入って、インストラクターさんにしっかり教えてもらいました。
スクールはレベルに応じて、又、学年別にクラスがあり、初心者でも全く初めての場合と、自分の意思で止まったりできる程度の初心者ではクラスが異なります。11時から休憩をはさんで16時まで、みっちり4時間。
1月の三連休に二日連続でスクールに入ったのですが、息子は初めての状態から、ボーゲンで上から滑れるようになりました。娘はそこまではいかなかったものの、リフトの乗り降りや、自分の意思で止まることは出来るようになり、親としてはかなり助かりました。
スクール当日の電話予約は不可、空きがあればスクール窓口で受付可能ですが、事前予約をしておいた方が無難です。前日の17時まで予約可能ですので、天候やお子さんの体調等を確認してからでも大丈夫です。
 ※スノーボードスクール(平日/10:30・13:30~ 休日16:30~・18:30~)

通常の週末はそれほどでもないのかもしれませんが、連休の中日などにはかなり混雑します。
1月三連休の初日は9時半到着でも第2駐車場の近い場所に停められましたし、チケット購入もすんなりできましたが、二日目(中日
なかび)は、同じ到着時間でも前日とはうってかわって、大混雑。
駐車場は少し離れた第3駐車場のかなり遠い場所でギリギリ、チケット購入も長蛇の列、レンタル含め、滑れる状態になるまで約40分もかかりました。スクールなどを予約されている場合は、時間に余裕を持って行かれることをオススメします。

又、六甲山頂は、街中と比べるとかなり冷え込みます。
下界は雪がまったく降っていなくても、山の上に近づくと、いつ降ったの?と思う程、多くの雪が斜面や道路に積もっていたりします。走行にはくれぐれもお気を付けください。
特に15時を過ぎると気温がぐっと下がりますので、小さなお子様連れの場合やノーマルタイヤの場合には、あまり遅くならないように帰られる方が良いかと思います。

※積雪や路面凍結がある場合は、冬用タイヤもしくはチェーン装着が必要になります。
道路状況によっては、ノーマルは問題外、スタッドレスでも、四駆でないと上がれない場合もありますので、心配なお天気の場合は、必ず電話やオフィシャルページで事前確認してくださいね。
最終訪問日:H25.2.16
エリア情報
この周辺の遊び場は▶▶▶こちら
この周辺の宿泊施設は▶▶▶こちら
 
兵庫エリアの食事施設は▶▶▶こちら

 スポンサードリンク


スキー・スノボゲレンデ
ソリ・雪遊び スノーランド
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 50周年を機に、名称が「六甲山人口スキー場」から
「六甲山スノーパーク」に変わりました。
※’15.1現在
入場料/中学生以上:2,100円 3歳~:1,050円

オークションで系列会社の株主優待を購入するか、
JTBやe-plus等で前売り券を購入すると、
少しでも安く入場することが出来る他、
列に並ばずスムーズに入場できます。
(※但し、レンタル品がある場合は並ぶ必要があります。)
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び チケット購入も、混雑日でなければ、
←写真のように、並ばずすんなり買えるのですが、、
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 1月3連休の中日などは、この状態。
毎年この日はかなり混むんだそうです。
確かに初日と比べ、同じ時間とは思えないくらいの、
人の数でした。

六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び ゲートを入ってすぐ左手には、
スキースクールの受付があります。
お子様だけでなく、大人のみ、
又、ファミリーでも受講可能。
空いていれば、当日窓口予約ができます。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 少し先、右手にある「レストラン アルペンローゼ」
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び その建物の1階が、ブーツ・ウェアのレンタルコーナーに
なります。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び ブーツレンタルコーナー
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び ウェアレンタルコーナー
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 一番奥にロッカールームがあります。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び ブーツフィッテングはモニターで
詳しく説明されていますので、
わからない時は見ながら履くとスムーズです。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 左右に、男子、女子のロッカールーム(更衣室)があります。
ロッカールーム使用は大:400円・小:200円です。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 洗面所
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び ベビーローション・麺棒・ドライヤー完備です。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び アルペンローゼ近くにある休憩用ベンチ。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 更に奥に進むと、スキーやスノボ・ソリ(平日)の、
レンタルコーナーがあります。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び ストックは建物の横です。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 「第1ゲレンデ」
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び
かなりなだらかで初心者でも大丈夫なコースです。
とは言え、全く滑ったことの無い本当の初心者の方にとっては
難しいと思いますので、まずは下まで歩いて降り、
短いなだらかな坂のスペースがあるので、そこで練習すると
良いと思います。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び
第1ゲレンデと第2ゲレンデの間の、歩行者通路。
ただ、歩行者通路と言っても、仕切りはパイロンのみなので、
スキーヤーの方がコースを横切ったり、
突っ込んで来たりすることもあります。
歩いて降りる時は、後ろを少し気にしながら進みましょう。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 歩行者通路を挟んで「第2ゲレンデ」があります。
こちらはコースの幅も狭く、また傾斜も少し急になるので、
中・上級者向けです。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び
下から見るとこんな感じ。
第1ゲレンデに2本、第2ゲレンデに1本リフトがあります。

初心者の方が練習できる、短くてなだらかな坂は、
写真よりもう少し手前
(滑る方から見ると奥)にあります。
ゲレンデは縦方面に傾斜がありますが、
この坂は横に傾斜がありますので、
ちょうど十の字で滑るイメージです。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び
小学生初心者のスキースクールでも、
最初に滑る練習をするのはこの坂からです。
ゲレンデ上から滑ってこられる方は、
そのままリフト方面に進まれますので、
基本的にはこの坂まで滑ってくることはなく、
ぶつかる心配もありません。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 第2ゲレンデのリフト横に、
ボード専用の第3ゲレンデがあります。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び こちらはリフトがありませんが、
平日ナイター時、土日祝日には、
ゲレンデ横のムービングベルトが使用可能になります。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 第1ゲレンデ一番下にある「トイレ」
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 中は新しくてとてもキレイです。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び トイレの近くに「リフト券売り場」があります。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び リフト券の販売はこちらのみ、入口窓口では購入できません。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 第1ゲレンデ用ペアリフト(2本)
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 林側のB線が初心者向けリフトです。
そのせいもあって、よく止まります。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 乗る時もしっかりサポートしてくださり、
到着時も、後ろでスタッフの方が見守ってくれている
という感じがありました。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び
【スキースクール】
一般・小学生・キッズ/11:00~16:00(※13:00~14:00休憩)
ファミリー・グループは時間が異なります。

←10:50 開校式
小学生コースもステップ1~3があり、
初めての場合はステップ1、
自分の意思で止まれる場合はステップ2、
ボーゲンを完璧に出来る場合はステップ3、
という感じです。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 娘も息子も初めてなので、ステップ1で参加。
まずは、歩いて下まで降り、基本を教えてもらいます。
両足にスキー板を履くまで約30分。
そのままぐるぐる歩いたり、方向転換したり、、、
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び
ある程度慣れてくると、ゲレンデではないなだらかな坂で、
ストックを使わず、滑る練習です。
前半はここまで。
後半になると、進み具合によって、
一番上から滑ってくることもあります。
二人とも同じステップ1でしたが、(1.2年)と(3.4年)では、
やはり上達具合も違うので、息子はリフトに乗って
上から滑りましたが、娘はずっと下のままでした。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び
ステップ2になると、開始早々から上から滑り、
少し急な第2ゲレンデからも滑ってきます。

実は二日連続でレッスンを受けたのですが、
二日目はゲレンデも大混雑で、思うように滑れませんでした。
レッスンを受けるなら、混雑していない時の方が
内容が濃く、お得だと思います。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び
レッスンが終了すると、ステップアップカードがもらえます。
これで、お子さんがどこまで出来ているのかわかります。
次回受けられる時に、このカードを渡しておくと、
続きから、という扱いにもなるそうです。
又、このカード提示で、シーズン中1回に限り、
入場料が割引になります。
無くさないように持っておきましょう。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 「レストラン アルペンローゼ」
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び メニューはファミレスのようになかなか豊富。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 店内はこんな感じ。
セルフサービスです。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び cafeコーナー
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 大人・子ども用のグローブやゴーグル等の
グッズ販売もあります。
現地調達なので、高いのかと思いきや、
子ども用ゴーグル、グローブ共に1,000円ちょいと
なかなかリーズナブルでした。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 「おみやげコーナー」
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び こちらはゲレンデ下の休憩コーナー
「ノースポイント」
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び カレーやうどん、からあげなど、
さっと食べられる軽食です。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 外の休憩スペース
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び 中にもストーブ付きのスペースがあります。
六甲山スノーパーク・スキー・スノボ・ソリ・雪遊び

「ノースポイント」横にある自販機コーナー
標準価格なのがうれしいです♪
='14.2/16追記=
数日前に全国的に大雪が降った直後だったので、
上にあがるとかなりの雪が道路に残っていました。
特に、東六甲ルートは、除雪が完全に出来ておらず、
十分な冬装備が必要でした。
最初は道路も乾いていたのですが、途中から様子が一変・・
スタッドレスでも不安になり、途中でチェーンを巻きました。

最終的には、二駆スタッドレスのみでも
なんとか行けたようですが、
さすがに、ちょっと怖かったです。
  • mixiチェック
  • はてなブックマークに追加
  •  スポンサードリンク

    スキー/雪遊び編indexへ

    Copyright(C) since 2008 関西子どもとお出かけ遊び場情報 All Rights Reserved.